仮想通貨ステラ(XLM)30%高の高騰で時価総額10位に アルト市場に緩和の兆しか

仮想通貨ステラ(XLM)30%以上高騰
仮想通貨ステラ(XLM)が前日比30%高を記録、時価総額10位に返り咲いた。アルト市場への緩和傾向を指摘する見方も広がっている。
           

仮想通貨ステラ(XLM)30%以上高騰

時価総額10位の仮想通貨ステラルーメン(XLM)の価格が急伸した。前日比30%高を記録、時価総額10位に返り咲いた。

直近の仮想通貨市場では、主要アルトコインの高騰で、売られ過ぎにあるアルトコインも連れ高するとの見方もでており、アルト市場へ期待感も再び高まりつつある。

関連「アルトバブル」再来期待も、リップルやイーサリアムの高騰理由を探る

ステラの高騰では、大口の送金履歴やサプライズニュースの発表は行われておらず、他の主要アルトの高騰を受け資金が流入したとの観測が強い。直近の重要ニュースでは、1.7億ドルに相当する20億のステラの「エアドロップ」(回数を分けて配布)の発表が行われており、巨額配布であることに長期的な宣伝効果が得られるとの見方も示されている。

ステラのブロックチェーンネットワークを支える非営利組織 ステラ開発財団(SDF)は9日、新たなクラウド基盤のチャットアプリKeybaseのユーザーにエアドロップを行うと発表した。Keybaseは人気オンラインサービスSlackやテレグラムのライバルAPPとして世界で利用されているSNSアプリだ。

Keybaseユーザーを対象にしたエアドロップでは、1回目の配布で、1億XLMが40万人のユーザーに無料配布。10月からの20カ月間、毎月15日に1億XLMずつ段階的に配布される。

配布条件が厳しいことから、新規参加は難しいと見られているが、既存のKeybase利用者などを新たに仮想通貨保有者として取り込む戦略として注目が集まっている。

通常、エアドロップでは通貨の供給を増やすメカニズムとして、売り圧力に繋がる懸念が生じるが、仮想通貨投資家には該当しないKeybaseのユーザーへ配布を行うことで、大きな宣伝効果に繋がる可能性がある。

なお、ビットコインのパフォーマンスを大幅に上回った今週のアルト相場を受け、一部の投資家は「バブル」を期待する見方もでているが、オンライン投資大手eToroのシニアアナリストGreespan氏は、「アルトバブルと呼ぶのはまだ早いが、バブルに転じる可能性は十分にある。」と投資家へのニュースレターでコメントを残している。

関連KeybaseへのXLMエアドロップの詳細

CoinPostの注目記事

仮想通貨取引所バイナンス、アルトコイン復調の兆しを指摘 過去最低水準の出来高に転換点を予想か
バイナンスが最新リサーチレポートを公開。ビットコイン(BTC)ドミナンスが高値水準を継続する中、アルトコイン市場復調の可能性を指摘した。
仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【10/10更新】
仮想通貨市場価格に影響を与え得る様々な最新情報を随時更新。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら