今週の仮想通貨市場と今後の相場について

今週の仮想通貨全体の相場について
アルトコインが主要通貨をメインに大きな上昇を記録した1週間となりました。
来週の相場についての予想
多くの人が大きな利益を得た1、2週間であったと言えますが、新規で入ってきた人が多かったとみられるこの相場が崩れ始めた時は、注意が必要となります。

今週の仮想通貨全体の相場について

アルトコインが主要通貨をメインに大きな上昇を記録した1週間となりました。

CMEのBTC先物上場での影響が仮想通貨業界が予想したほど大きくはなかったため、それまで期待されたBTCの価格は伸び悩みじわじわと価格を落としています。

またBTCは新規のユーザーの増加に伴うトランザクションの詰まりと、デフィカルティの増加が確定した後に価格が下落したことにより、ハッシュレートが下落の一途を辿っています

このような現状から多くのマイナーがビットコインから移動しているのではないか、と分析されています。

よってビットコインのトランザクション過多の状況は更なる問題となっています。

BTCのドミナンスの低下を見ても他市場からの流入だけでなく、ビットコインからアルトコインに多くの資金が流れている形となっていたことはほぼ確実と思われます。

ビットコインキャッシュはCoinbase上場で勢い付きましたが、このようなビットコインの現状からLTCやビットコインキャッシュに注目が集まっているのも大きな要因であると言えます。

また、ロジャーバー率いるBitcoin.comは、全体的にビットコインキャッシュを次世代のビットコインのポジションになる通貨として押している傾向が見受けられます。

このように、仮想通貨市場は影響力のある人にまだ左右されやすい小さな市場と言えるため、要人の発言で価格が動き、注意が必要です。

来週の相場について

多くの人が大きな利益を得た1、2週間であったと言えますが、新規で入ってきた人が多かったと思われるこの相場が崩れ始めた時は、注意が必要となります。

既にビットコインを筆頭に価格の下落が始まっています

ビットコインの価格は日本では170万円程度ですが、海外では150万円を切っている国もあり、大きな下落の危険性が伴う相場となっています。

またこの1週間ビットコインは下落していた一方で、アルトコインは上昇していましたが、 今日の相場はビットコインの下落に伴ってアルトコインも下落を開始しており、BTCを基軸とする仮想通貨市場の特徴が出ている相場となっています。

この1週間はビットコインからアルトコインに資金が流れていたのに対し、今日の相場は仮想通貨市場全体から仮想通貨市場以外へと資金が逃げている相場の可能性もあります。

この状況の中週末に入り、新規の投資者をはじめとした多くの投資家が利確を始める流れとなる可能性も高く、下落が続いた後更に大きな下落へと繋がる可能性が孕んでいる危険な相場である、といった意見もあります。

こういった場合は、下落が先行している海外のBTC相場を参考にすると、日本市場で取引をする上で大きな目安となるかと思います。

価格比較重要サイト cryptocompare

ビットコインとビットコインキャッシュのハッシュレート比較

BTC未確認トランザクション確認

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加