BTCドミナンスが68%、アルトコインは続伸するか=米ブルームバーグ誌

アルトコインは続伸するか=米ブルームバーグ誌
BTCのドミナンスは年初最高値の71%➡︎68%に。先週のアルト反騰で有識者らはこの後のアルト相場について見解を語る。
           

アルトコイン相場は週末上げか

イーサリアム(ETH)が主導した先週の主要アルトコインの反騰を経て、継続していたビットコイン(₿)一辺倒の相場には投資家の資金流入の変化は見られた。

71%を超えたビットコインのドミナンスは一時的に約67%まで低下、現在68.2%にとどまる。

関連ビットコイン(BTC)反騰要因に「アルゼンチン・プレミアム」イーサリアム市場も影響か

イーサリアムなどの主要銘柄の続伸は21日より止まっているが、米有力紙ブルームバーグでは先週のアルトコイン反騰相場を受け、今後のアルト相場の継続的上昇を見込んでいる。

ブルームバーグによると、日足の相場では、ETHはこれまで平日10日の6割、12回の週末の7割の割合で、BTCのパフォーマンスを超えていた。XRPのほうでも、過去11日の6割でBTCの上げ幅を圧倒した。

JSTキャピタルの創設者は、「アルトコインは継続してBTCを追いかけるだろう。」と見込み、「一部のアルトコインプロジェクトの技術がすでに採用されているため、提供する価値は広範囲で認識されている。」とコメントした。

なお、CryptoBriefingのCEOを務めるHan Kao氏はビットコインのドミナンスについて、このように語った。

ビットコインのドミナンスが高騰したのち、急下降するパターンは過去にも見られる。

資金がビットコインからアルトコインに大量に流れていくことこそ期待していないが、ユースケースがはっきりしている一部のアルトコインが投資家の関心を引くことは見込めるだろう。

先日の反騰で「アルトバブルの再来」と見ている投資家もいるが、大手オンライントレーディングプラットフォーム「eToro」のシニアアナリストのGreenspan氏は、「アルト季節」と呼ぶ時期にはなっておらず、もう少し時間がかかりそうだとコメントした。

参考:ブルームバーグ

CoinPostの注目記事

ALTCAP分析でアルトコインの反発ポイントを分析、急落後のビットコインは際どい位置に|仮想通貨市況
週末の仮想通貨ビットコイン(BTC)は7日朝、溜まっていたOIから懸念されていた急落が発生、9日現在も際どい位置を推移している。海外トレーダーによるALTCAP分析では、アルトコインの仕込み場を探る。
「次のアルトバブルは、新種コインが主導する」海外アナリストの見立て
ビットコイン(BTC)ドミナンスが70%を超え、2017年のようなアルトバブル再来への市場期待が大きく後退する中、海外のアナリストたちが独自の見解を述べた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら