【速報】Bakktの初日、現物決済ビットコイン先物取引が正式に開始

Bakkt、ビットコイン先物取引が正式に開始
『Bakkt』の現物決済ビットコイン先物取引は予定通りに、日本時間23日9時より、正式に開始した。
           

Bakkt、ビットコイン先物取引が正式に開始

『Bakkt』の現物決済ビットコイン先物取引は予定通り、日本時間23日9時より、正式に開始した。

最初の「日間と月間契約取引時間」とは、NY時間22日の20時〜23日の18時。

Bakktの公式発表によると、最初に成立した契約は10,115ドルの価格で、すでに「活発に」取引されている。「引き続き、Bakktウェアハウスは顧客のオンボーディングを行っていく。」と説明した。

仮想通貨プラットフォームBakktがビットコイン先物をローンチ、先物取引の仕組みとは
2018年8月、NYSE(ニューヨーク証券取引所)の親会社ICEが設立を発表した仮想通貨プラットフォームBakktは9月23日より、先物取引を正式に開始した。発表から1年ほどの重要な動きも振り返る

取引が開始した直後、ビットコインは9時〜9時半の間、9920ドルにまで急落し1万ドルの水準に戻した。執筆時:1万ドルを下回った水準で取引されている。

取引が行われるICE FUTURES U.S.のライブデータによると、最初の約2時間半で月間先物の出来高は8 BTCになっている。

出典:ice futures us

9月6日より先物の提供へ向けてBTCカストディサービスを開始している。COOのAdam White氏は、入出金開始後の資金流入などを受け、機関投資家からの「高い温度感」と「需要の大きさ」を実感していると肌感覚を明らかにしていた。

既存のCMEの現金決済ビットコイン先物取引と比較すると、Bakktの先物取引は仕組みが大きく異なる。Bakktが提供する先物取引は、現物先渡し可能の先物取引になる。(毎日決済と隔月決済)

CoinPostの注目記事

「高変動かつ異質性」ビットコインの特徴は大きな利点に Bakkt CEOが語るBTC先物の可能性
Bakkt CEOが、9月23日にも開始を予定するBTC先物の可能性を語った。金融市場におけるビットコインの見方や機関投資家の最新の温度感を語った。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【11/13更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら