韓国金融研究員、中央銀行にデジタル通貨発行を要求

Korea Institute of Finance (通称KIF)の主任研究員は、中央銀行にウォンのデジタルトークン発行を要求
仮想通貨が持つ高金利や特典は顧客にとって魅力的なため、銀行は業界規模の再編成をすることになるかもしれません。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

KIF主任研究員が中央銀行にウォンデジタルトークンの発行を要求

Korea Institute of Finance (通称KIF)の主任研究員は、中央銀行にウォンのデジタルトークンを発行する要求をしました

KIF主任研究員のLee Dae-ki氏は、韓国銀行(BOK)はブロックチェーン上にウォンのデジタルトークンを発行することを“真剣に考慮したほうがいい”と提案しました。

Lee氏はKorea Timesの取材で、デジタル化により顧客が“金融界の革命である”仮想通貨を採用する理由(コスト削減、透明性増加、決済簡素化)を挙げました。

日曜日の取材でLee氏は、以下のように述べました。

『ブロックチェーンを基にした技術(分散型会計データベース)は、サイバーアタックに対する防衛強化および全般的な顧客間の決済改善を中央銀行へアピールするでしょう』

と述べました。

研究員らは、現状韓国では仮想通貨に対しての法的認識がないため中央銀行が韓国ウォンをデジタル化する段階に至っていないと批判しました。

しかしLee氏は、以下のように反論しました。

中央銀行がブロックチェーン上にデジタルトークンを発行する可能性はある

それが現実化すれば銀行業界は完全なリストラクチャリングをすることになるでしょう。

研究員らは、以下のような意見です。

『仮想通貨システムが持つ高金利や特典などは顧客にとって魅力的なため、それらと競うことになる銀行は業界規模の再編成をすることになるでしょう』

韓国の仮想通貨取引市場は世界有数の規模であり、韓国政府はその効果を見据え、仮想通貨に対し強硬スタンスを取っています。

韓国権威者らは既にICOによるトークン発行を禁じています。

先週、韓国一流金融監督官らは仮想通貨は不換紙幣同等とは認識されないため、ビットコインのような仮想通貨の行政監督を取り止めしました。

韓国国税庁は現在、仮想通貨投資家らによる資本利得税の骨組みを立案しています。

Lee氏はこう述べました。

『ビットコインのような仮想通貨を定義付けることができない韓国政府によって仮想通貨規制は停滞しています。一方で、一部の国は既に仮想通貨を商品だと定め、他の国では不換紙幣として認められています』

韓国研究員らの声明は、中国中央銀行がデジタル通貨を“できるだけ早く”発行するという声明の発表直後に行われました。

仮想通貨への取り組みを早い段階で始めた中国人民銀行は昨年、ブロックチェーンに関するの裁判を既に終えています。

Korea’s Central Bank Urged to “Seriously Consider” Issuing Fiat Cryptocurrency

Samburaj Das, December 26th 2017

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用