仮想通貨ブームで生き残る通貨は?ブロックチェーンの関係性

ブロックチェーンは革命的な技術
仮想通貨はハイテック株のバブルだと勘違いする方が多いようですが、この二つは運命共同体です。
トークンで構成された仮想通貨は、パブリックブロックチェーンプロトコルを利用する手段
ブロックチェーンを利用・参加するにはその仮想通貨(トークン)を所有するしかありません。

ブロックチェーンは情報シェアの革命的な技術

ブロックチェーンは価値のある革新的な技術です。

一方で、仮想通貨はハイテック株のバブルなので、一時的な流行に過ぎない、と勘違いしている方が多いようです。

実はこれは大きな間違いで、この二つは切っても切れない存在なのです。

トークン(ビットコインイーサリアムモネロなど)で構成された仮想通貨は、パブリックブロックチェーンプロトコルを利用する手段です。(つまりブロックチェーンネットワークを使うにはトークンが必要)

これは任意ではなく、ブロックチェーン技術の基礎的な仕組みです。

もしパブリックブロックチェーンプロトコルに価値があれば、市場参加者を通しそのトークンの価値も上がります。(追記:ここに執筆があるブロックチェーンはパブリック、公共用を前提としています。プライベートブロックチェーンのルールは異なります。)

仮想「通貨」という名前は誤称

この理由は、通貨として機能する仮想通貨はごく僅かだからです。

さらに仮想通貨投資は外国為替に投資する事とは異なります。

仮想通貨は特定ブロックチェーンプロトコルの価値に由来するデジタル資産だと考えてください。

誤称の由来は、ビットコインが当初“通貨”として請求されたことにあります。

ビットコイン誕生後、多種多様なデジタル資産が生まれ、現在それらの資産は(ビットコインを含め)従来の通貨というよりも価値貯蔵手段として利用されるようになりました。

現在、数百の仮想通貨が存在しますが、その多くは不完全に設計されたため、価値がありません。

ITバブル時、pets.comのようなサイトがIPOを通し、百万ドル規模の資金調達に成功しました。

Amazonも同じくITバブル時に創業しましたが、今では世界有数のテックジャイアントとして活動し、Pets.comは破産しています。

この仮想通貨ブームで生き残るには、仮想通貨市場でAmazon的存在になるために慎重に戦略を練ることです。

それはどういうことでしょうか?より詳細な例を挙げていきましょう。

仮想通貨ブームで生き残るのは?

例として、あなたはパブリックブロックチェーン上にスマートコントラクトを設計するとしましょう。

ブロックチェーンを利用しスマートコントラクトを設計するために、投資家はそのブロックチェーン上(イーサリアム、又はNEO)で仮想通貨資金を所有しなくてはなりません。

よって、もしスマートコントラクトが実際に実行されれば、スマートコントラクトに特化したネットワーク(イーサリアム、又はNEO)の人気は高くなります。

それらのネットワークの人気が増せば、自然とネットワークトークン(例イーサリアムトークン)の価値も上がるのです。

需要と供給が鍵

何故でしょうか?その理由は需要と供給が関係しています。

需要が増せば供給が増す』といった、従来の市場とは違い、一定期間内にマイニングできる仮想通貨トークンは限られているのです。

さらにマイニングにはパワフルで特別なコンピューターが必要になります。

それ以外の入手方法は取引所での売買のみになります。

ブロックチェーンとそのトークンの需要が(供給される速度)を超えた場合、その価格は上昇します。

ブロックチェーンの人気が増せばネットワーク効果が重なり、さらに価値が増します。

テックジャイアントのFacebookやAirbnbは類似したネットワーク効果で益しています。

ネットワークの人気が高ければ高いほど、企業の価値も上がります。

ブロックチェーンのネットワーク効果はとても顕著で、ネットワークが成長すれば、比例して商品や価格が上昇します(より多くの方が利用することによって、ネットワークは成長し、ネットワークが成長すれば、より多くの人が利用します)。

ネットワーク自体が非営利的で、プロバイダーだけがアクセスの管理をしていたITバブル初期のインターネットとは違い、パブリックブロックチェーンを利用・参加するにはその仮想通貨(トークン)を所有するしかありません。

最も人気のあるブロックチェーンネットワークでは、そのトークンが直接的にネットワークの成功に貢献している場合もあります。

例として、ブロックチェーン予測市場のREP(Augurトークン)を参考にしてみます。

トークン所有者は特定の予測市場の結果にAugurトークンを賭けます。

予測が当たれば報酬としてトークンを受け取り、結果が外れればトークンを失います。

インセンティブを利用しユーザーの予測を集める仮想通貨であるAugurのブロックチェーンシステムは、REPなしでは機能しません。

今後、以下の質問を使って特定のブロックチェーンの正当さを判断してください。

価値を見分ける3つの問い
  1. そのプロトコルは価値があるか?あるなら、なぜか?

    そのプロトコルは安全、透明、分散された情報シェアシステムか?

  2. ブロックチェーンプロトコルのスケーリングにどう対処しているか?
  3. 最も重要なことは、トークンとして意味を成すか?

    経済的な設計は意味を成すか?

    その供給は制限されインフレするか?そうであれば、どのように?

<

勝者や敗者を見分ける完璧な方法はありません。

しかしこれら3つの問いを使えば、ある程度仮想通貨市場の現状を見抜くことができるでしょう。

What Does Cryptocurrency Have to Do With Blockchain Anyway?

singularityhub.com Dec 24, 2017 by Nathana Sharma

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加