大手家具IKEA、アイスランド政府認可のブロックチェーン電子マネーで世界初の企業間決済

イケアのアイスランド支社、電子マネーでの決済に成功
大手家具量販店IKEAのアイスランド支社が、政府認可の電子マネーを利用した、イーサリアム上での小売店決済に成功した事がわかった。

イケアのアイスランド支社、電子マネーでの決済に成功

大手家具量販店のイケアのアイスランド支社が、政府認可の電子マネーを利用した、イーサリアム上での小売店決済に成功した事がわかった。

今回の取引は、サプライチェーン開発企業Tradeshift社のプラットフォーム上で行われた。現地小売店のノルディック・ストアが、イケア社から商品をブロックチェーン開発企業モネリウムでトークン化された、政府認可済み電子マネーを利用して決済した。

Tradeshift社は、サプライチェーン決済とマーケットプライスのトップ企業であり、Monerium社は世界で初めてアイスランド政府より電子マネーライセンスEMIを所得した唯一の企業である。

関連:世界初のブロックチェーン上の電子マネー

政府認可による電子マネーで企業間決済が変わる

今回の決済で、Tradeshift社とMonerium社は、政府認可のプログラマブルな電子マネーがブロックチェーンによる決済を現実化し、決済市場での主流化の第一歩を踏み出した。

そのプロセスで重要なのが、Monerium社が発行した電子マネーだ。

MoneriumのCEO、Sveinn Valfells氏は、「ブロックチェーン上で電子マネーの発行の認可を受けた初めての会社として、法律に準拠したデジタルマネーを使い、B2B取引でブロックチェーンの利点を実証できた事を喜ばしく思う」と述べた上、以下のように抱負を述べた。

「変動の激しい仮想通貨とは違い、電子マネーは現金に代わる実証済みのデジタルオルタナティブであり、還元可能な政府認可済みという利点がある。スマートコントラクト上でプログラマブルな電子マネーを使う事は、新しい決済分野の先駆けになる。」


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら