テザー問題で「魔女狩りをやめろ」=元ビットコインETF申請企業VanEckの責任者

VanEckの責任者がテザー社らを擁護
テザーとBitfinexに対する新たな1.4兆ドル集団訴訟に対し、VanEckの責任者Gurbacs氏は反論を論じ、「魔女狩りをやめろ」と呼びかけた。有識者から指摘を受けている。
           

VanEckの責任者がテザー社らを擁護

テザー社がUSDTを発行したことで2017〜2018年のビットコインバブルを引き起こしたと非難する新たな1.4兆ドル集団訴訟に対して、元ビットコインETFの申請企業VanEck(すでにETF申請を取り下げた)の責任者Gabor Gurbacs氏は、反論を論じ、「魔女狩りをやめろ」と呼びかけている。SNS上で大きな反響を呼んでいる。

関連テザー社らに新たな集団訴訟 仮想通貨市場操作などで150兆円以上の被害を訴える

Gurbacs氏はこれまでテザー社とBitfinex社をめぐる資金運用の疑惑・裁判・コミュニティからの批判に対して、「メディアの誇張な報道や間違いだらけの学術研究にはもう疲れている。テザーとBitfinexは大きなイノベーションを築いてきたし、仮想通貨のインフラも構築してきた。これは他の企業が成し遂げなかったことだ。」と言い、「魔女狩りをやめ、イノベーションを守ろう!」とコメントした。

どのようなインフラを構築したかの質問に対し、Gurbacs氏はこのように羅列した。

  • 米ドルの送金スピードとアクセスを改善
  • USDTは仮想通貨であり、仮想通貨取引所ネイティブでもある
  • 複数のブロックチェーンでも発行
  • 銀行に支援され、銀行との互換性を持つ
  • ステーブルコインの中で規模が最大
  • 自由市場はUSDTを採用している

しかしGurbacs氏の見解を否定する声はほとんどだ。イノベーションの面では賛成しても、そのビジネスモデルや運営体制、さらには発行プロセスなども不透明性が高いとされている。

仮想通貨弁護士として知られるJake Chervinsky氏は、「イノベーションがよくても、8.5億ドルの隠蔽で調査されている企業はそうそうない。ましてやその決済プロセッサー企業が連邦犯罪の疑いで告訴されていることも世の中には例が多くない。」と指摘し、「テザー社らは重大な問題に直面しているのは間違いないのだ。」と述べた。

決済プロセッサー企業の問題に関して、「誰も注目していない」とGurbacs氏は言い返した。TheBlockのリサーチャーLarry Cermak氏は「決済プロセッサー企業が関与していること自体は、テザー社からは公表していない。顧客は裁判で知った。なおテザー1:1の比例で裏付けられていないことも、顧客は知らなかった。それでもいいのか?」と質問を提起したが、Gurbacs氏はこれに対して、「自分には関係のないことだが、良い質問だ。顧客はおそらくテザーのユーザー条項を読んだ上で資金を預けただろう。」と答えた。

テザー社は集団訴訟の報道の数日前に、USDTの発行でBTC相場を操縦しているとの匿名「非難」に対して、「一切操縦していない」と明言した。

Bitfinex側もそれを否定し、「根拠のない非難は、Bitfinexとテザーが重要な役割を務める仮想通貨業界全体の成長と成功を害する行為だ」と指摘している。

CoinPostの注目記事

「テザーでビットコイン相場を操縦することは無い」Bitfinex社の声明
テザー社は、USDTの発行で仮想相場を操縦しているとの「非難」に対して、「テザーで相場を操作していない」と明言。非難に関する新たな訴訟を想定し、テザー社はあらかじめ声明を発表した。
テザー裁判:NY司法当局が裁判の引き伸ばしを懸念 財務書類を再び要求する文書を提出
長引くテザー裁判を巡り、NYAG(NY州司法当局)が裁判所に新たな申し立てを行なった。捜査を加速させるためには、裁判所による財務書類作成・提出の命令を再び要求した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら