大手仮想通貨取引所8社、発行済みBTCの約7%を所有

仮想通貨取引所のビットコイン保有量
BTC全流通量の約7%が、大手仮想通貨取引所8社のウォレットで所有されていることが分かった。2017年の仮想通貨バブルを含め価格が乱高下している間にも、その保有量は増加を続けている。

仮想通貨取引所のビットコイン保有量

仮想通貨追跡サイトTokenAnalystが、ビットコイン(BTC)全流通量(発行済みBTC)の6.7%を、大手仮想通貨取引所8社のウォレットで保有されていることを示すデータを公表した。相場がボラティリティを繰り返すも、BTCを着実に貯め続けていることだ。

このグラフで統計されている取引所は、Poloniex、クラーケン、Bitstamp、Bittrex、Bitfinex、BitMEX、バイナンス、Huobiだ。ビットコイン全流通量の6.7%は、およそ98億ドル(約1兆500億円)に当たる。

また、このグラフから現在保有量が1番多い取引所はHuobiで、その後にバイナンスとBitMEXが続いていることが示された。BitInfoChartsのデータを見ると、保有量が1番多いアドレスはバイナンスのコールドウォレットである。

なお2017年からのデータを見ると、これらの取引所のビットコインの保有量は、長期的増加傾向を継続している。この期間は2017年末の仮想通貨バブルを含め、価格が大きく乱高下したが、それでも取引所の保有量の増加が続いていることが分かった。

CoinPostの注目記事

「今のビットコインは、仮想通貨バブル2017崩壊と類似」新値足チャートで海外アナリストが分析
著名仮想通貨アナリストが「ラインブレイクチャート(新値足)」を使って現在のBTC相場を考察。2017年末のバブル崩壊時との類似点について解説した。
バイナンス、先物取引所でも世界4位に ビットコイン先物出来高が急増
「Binance Futures」が取引を開始して1ヶ月、すでに世界4位の出来高を記録していることがわかった。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら