最大手取引所バイナンス、中国人民元建てOTC取引サービス開始

バイナンス 人民元建てのOTC取引サービスを開始
最大手仮想通貨取引所バイナンスは、中国人民元(CNY)建てのOTC取引開始した。現時点での取り扱いのある通貨は、BTC・ETH・USDTの3銘柄。中国市場開拓でチャイナマネーの呼び込みが期待される。
           

バイナンス 人民元建てのOTC取引サービスを開始

最大級取引所バイナンスは、中国人民元(CNY)建てのOTC取引(P2P)を開始した。現在取り扱う通貨は、BTCETH・USDTとの3銘柄だ。

最初に利用できるユーザーは、アンドロイド版アプリ(Version: 1.12.1)を使っている利用者かつ、最低30日以上のアカウント保有者に限られる。今後、iPhoneで使用できるiOS版や、ウェブブラウザへの対応予定もあるという。

人民元建てのOTCサービスに関しては先月、中国の上海で開催されたカンファレンスで、バイナンスの共同創設者He Yi氏が明かしたものだ。人民元建てのOTCサービスが、今後中国市場に注力するバイナンス事業戦略の一環になると言及。CEOのCZ氏も同サービスの開始にあたり、「全面開放はしていないが、中国を皮切りにサービス開始しており、およそ14億人がすでに利用できる。順次、他のエリアにも拡大予定だ。」とコメントした。

「中国のマーケットにも注力する」との発言内容から、中華マネーの流入など市場活性化に繋がることが期待される。

追記:

人民元の入金ルートに関して、CZ氏のツイートで判明した。

中国ユーザーは、銀行カード・Alipay・WeChat Payで入金することができる。

参考:Binance Launches P2P Trading

CoinPostの注目記事

「1ヶ月以内」バイナンス、中国人民元建て仮想通貨OTC取引サービス開始へ
バイナンスの共同創設者He Yi氏は上海のブロックチェーンイベントにて、中国市場での事業拡大の一環として、人民元建てのOTC取引サービスを間も無く開始すると明かした。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【12/07更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら