今年4月に破産した仮想通貨マイニング企業、米BCause社に清算命令

北米最大の仮想通貨マイニング企業を目指したBCause社 資産清算の裁判命令
米バージニア州連邦裁判所は、北米最大の仮想通貨マイニング会社を目指し、今年4月に破産した仮想通貨マイニング会社BCauseに対して清算手続きを命じた。

北米最大の仮想通貨マイニング会社を目指したが

今年4月に破産し、会社更生手続き(Chapter 11)を裁判所に申請した米Virginia州のマイニング会社BCause社に対して、米バージニア州連邦裁判所は今週、主要ベンダーによる更生不能の動議を認め、破産による清算手続き(Chapter 7)を命じた。

同社は、Virginia州Virginia Beach市から昨年1月に受けた500,000ドル(約5,400万円)にのぼる助成金を含む、6480万ドル(約70億円)をレンタル倉庫の賃貸に充てる大規模な事業拡大により、北米最大の仮想通貨マイニング事業にする予定としていた。

Virginia Beach市スポークスマンのJulie Hills氏は、「損害賠償請求をする予定だが、どれくらいの額を請求するかは現時点ではわからない」と述べた。

同市は債務支払いの優先度が最も低い無担保債権者とみなされる為、出資金の回収は厳しいとみられる。

BCause社の清算手続きへの事案変更を請求した主要ベンダーのWESCO社の弁護士は、「清算手続きに変更しなければBCause社の会社更生の事案を延命するだけになる」と述べた。

BCause社は、年末までの営業資金が47万ドル(約5000万円)しかない事が、法廷に提出された書類で明らかになっている。

参考 Virginia-Pilot


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら