バイナンス版XRPを預けて利子を得る 「XRP-BF2」のステーキングサービス提供へ

スワッププラットフォームで「XRP-BF2」ステーキングを提供に
「Binance Chain」のトークンスワップサービスを提供するDefi企業「BEPSwap」は、XRP-BF2に対応したステーキングサービスを提供すると発表した。
           

スワッププラットフォームで「XRP-BF2」ステーキング提供

バイナンスの独自ブロックチェーン「Binance Chain」を利用したトークンスワップサービスを提供するDefi企業「BEPSwap」は、「XRP-BF2」に対応したステーキングサービスを提供すると発表した。

XRP-BF2は、バイナンスチェーン上でもXRPの取引を可能にするためのミラー通貨として誕生したトークンで、1 XRP-BF2=1 XRPとの形でペッグし、バイナンスが担保分の現物XRPをロックアップ(保管)する仕組みで提供している。この発行を受け、Binance DEXでの取引が可能になったばかりだが、この仕組みを利用した他のサービスがこの度追随した格好だ。

BEPSwapは、バイナンスチェーン上でオンチェーンステーキングを行うことが可能であり、ユーザーは預け入れ金利としてXRP-BF2を利子として得た上で、複利運用も行える仕組みを提供できるとしている。

仕組みは、Binance Chainのアセット標準であるBEP2(イーサリアムでいうERC20)に特化したトークンスワッププラットフォームには、複数の「アセットプール」があり、プールを通じてXRP-BF2をロックアップ(ステーキング)することで、利用するトレーダーから手数料をインセンティブとして得ることができる。

また、得たXRP-BF2は、現物XRPに即時スワップすることも可能だという。(現在、XRP⇨XRP-BF2の変換は、Binanceのみ)

BEPSwapは、このステーキングサービスを通じて、XRP-BF2の出来高を増やし、いわゆる「深度な流動性」を作る仕組みを提供したいと語った。BEPSwapは現在テストネット段階にあり、近いうちに正式にリリースを行う予定だ。

BEPSwapを開発するプロジェクト「THORChain」の独自通貨RUNEは、Binance DEXにも上場している。

参考:BEPSwap

CoinPostの注目記事

【速報】バイナンス版リップル「XRP-BF2」Binance DEXに新規上場
バイナンス版リップル「XRP-BF2」がBinance DEXに上場。本日17:30より取引が開始されることが発表された。
「仮想通貨XRPは関係しない」サムスン米国法人、新送金サービス提供でリップル社との関わりを否定
韓サムスンの米国法人Samsung Electronics Americaは、国際送金サービス提供のためにリップル社提携企業Finablrと協業するが、リップル社や仮想通貨XRPは関わっていないと説明した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら