台湾のIT大臣、天才プログラマーとして比較されがちな日本の大臣に言及=Devcon5

台湾IT大臣が日本のIT大臣に言及
仮想通貨イーサリアムの開発者が集うDevcon5で開かれたセッションにて、天才プログラマーとして知られる台湾のIT大臣が、「ハンコ文化とデジタル化の両立を目指す」などと発言して批判を浴びた日本のIT大臣に言及した。

台湾IT大臣が日本のIT大臣に言及

台湾のIT大臣であり、天才プログラマーとしても有名なオードリー・タン氏が、仮想通貨イーサリアムの開発者が集うDevcon5で開かれたセッションにて、日本のIT担当大臣である竹本 直一大臣に言及した。

78歳になる竹本大臣は先月11日に発足した第四次阿部再改造内閣の科学技術・IT担当大臣に任命されている。

竹本大臣は「はんこ議連」の会長も務めており、「デジタル化とハンコ文化の両立を目指す」と発言をしたことが、世間で話題となっていた。またIT大臣としての資質を問われた際も、「自らSNSで投稿を行っているため、問題はない」と発言し、一部からは不安の声も上がっている。

それと対照的に台湾のIT大臣を務めるタン氏は38歳と若く、天才プログラマーとしてアップル社の顧問などを歴任するなど、ネットでは日本のIT大臣と比較し「レベル感の違いがすごい」と頻繁に比較されていた。

そうした中、昨日行われたセッション中の質問で、聴衆の一人から「日本のIT大臣について、どのように感じますか」との問いかけがなされた。

タン氏は、以下のように回答を行った。

日本のIT大臣と個人的なつながりはありませんが、残念ながら新聞やツイッターなどで、(両大臣間の)年齢などを比較されていることは知っています。

ただこのことは、あまりフェアではないと思います。まず最初に台湾ではIT大臣は二人が務めています。そして、そのうち一人は私の父と同じぐらいか、それ以上の世代です。

日本と台湾での制度の違いなどにも言及した上で、単純に比較することはフェアではないと話している。

CoinPostの関連記事

ユニセフ、仮想通貨ファンド設立 ETH・BTCでプロジェクト支援=Devcon 5
UNICEFが仮想通貨ファンドの立ち上げを発表。イーサリアム(ETH)とビットコイン(BTC)で換金を行わずにプロジェクトを支援する新たなファンドとなる。
PoS移行で生まれ変わるイーサリアム ヴィタリック氏が語る可能性とは=Devcon5
イーサリアム共同設立者Buterin氏がDevcon5に登壇。仮想通貨BTCなどの問題点も指摘、解決策としてのPoSの可能性を語った。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら