仮想通貨ライトコインが8周年 LTCネットワークで累計54兆円相当のトランザクション

ライトコインが8周年

主要通貨ではビットコイン(BTC)の次に歴史が古いコインと言われている仮想通貨ライトコインが8周年の日を14日に迎えた。

LTCのアニバーサリーを祝った創業者のチャーリー・リー氏は、ライトコインネットワークは8年間、一度もダウンすることなく稼働し続けたと賞賛。これまでの期間で5000億ドル(54兆円相当)ものトランザクションが生じたと報告した。

その上で、これからの8年間も大いに楽しみにしているとコメントした。

ライトコインは、金に対する銀のように、BTCのサブアセットとしての利用を想定して2011年10月に開発された仮想通貨で、メジャー通貨の中では歴史上2番目に古い仮想通貨として認識されている。

依然時価総額も高く、今年迎えた半減期に向けて大きく価格を戻した仮想通貨でもある。

主要通貨としては初めて導入に踏み切ったSegWitでは、アドレス使用率が75%に達するなど、スケーラビリティ面で業界で先導している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら