ビットコイン(BTC)価格反騰は「ブルトラップ」の可能性、著名仮想通貨アナリストが指摘

ビットコイン価格反騰は「ブルトラップ」の可能性
アナリストによると、先週末のBTC価格反騰は「ブルトラップ」の可能性が高いという。2万ドル付近まで上昇する強気シナリオの可能性が高いとしつつも、その発動にはまだ価格を下げる必要があると主張した。

ビットコイン価格反騰は「ブルトラップ」の可能性

著名仮想通貨アナリストのAlessio Rastani氏によると、先週末のビットコイン上昇は「ブルトラップ(上方へのブレイクアウト直後の下落方向への価格反転)」であった可能性が高いという。自身のYouTubeチャンネルで解説した。

つまり、押し目を狙った投資家の買いによる価格反騰であったが、実際にはそこが天井であり、今は一時的に下落のシナリオにあるというのがRastani氏の主張だ。同氏によれば、今後のシナリオとしては、2万ドル付近まで価格上昇する「ワイルドカード・シナリオ」の可能性の方が高い一方で、そのシナリオを形成するために必要な「底」をまだチャートは形成していないという。

Rastani氏は、そのワイルドカード・シナリオに必要な底のラインとして、5800ドル付近を挙げている。以下は、同氏が予測するシナリオを示したチャートだ。

出典:YouTube

また、Rastani氏は、価格が今後も一時的に下落する根拠としては、次の2点の要素を挙げた。

  • 21EMAのレジスタンス
  • 21EMAと200SMAが形成するレジスタンス

1つ目の「21EMAのレジスタンス」については、チャートが21EMAのレジスタンスを突破できていない点、そしてそのような今の仮想通貨相場が2017年末のバブル崩壊時と似ていることを指摘している。

2つ目の「21EMAと200SMAが形成するレジスタンス」については、価格反騰で一時的にそのレジスタンスを突破したが、最終的に押し返されたことを指摘し、そこがブルトラップを示す兆候であると説明した。

出典:YouTube

CoinPostの関連記事

ビットコイン(BTC)は上昇一服、Bakkt先物に大きな変化|仮想通貨市況
急騰後のBTCは直近高値圏で粘りを見せている。失望の声も多かったBakktでは先物出来高の急上昇が観測されたが、バイナンス経由のチャイナマネー流入期待は、Alipay、WeChatPay側の否定で一蹴された。
「今のビットコインは、仮想通貨バブル2017崩壊と類似」新値足チャートで海外アナリストが分析
著名仮想通貨アナリストが「ラインブレイクチャート(新値足)」を使って現在のBTC相場を考察。2017年末のバブル崩壊時との類似点について解説した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら