ビットコインの保管コストは年間2.1% ビットコイン開発者が算出

ビットコインの保管コストは年間2.1% ビットコイン開発者が算出
ビットコイン開発者Tamas Blummer氏は14日、ビットコインの保有にかかるコストは年間2.1%であると算出した。

ビットコインの保管コストは年間2.1%

ビットコイン開発者のTamas Blummer氏が14日、ビットコインのキャリーコスト(保有し続けることにかかる費用)は年間2.1%であるとし、その理由についてMedium上で綴った。

Blummer氏によれば、ビットコインにはわかりやすい取引手数料だけではなく、マイニングによって新規発行されたビットコインによって全体の価値が薄まることによる価値減少がコストとして存在するという。

このコストは短期的な資本の流入・流出(投機)による価格変動の影に隠れてしまうような量だが、長期間保有する投資家は知っておいて損はないだろう。

2.1%と算出した過程

ビットコインでは、およそ10分に1回新しいブロックがマイニングされ、マイナーには報酬として新規発行されたビットコインが付与される。ビットコインの総量が10分ごとに増えていくことで緩やかにインフレが起こり、価値が低下する。

なお、ビットコインのマイニング報酬はおよそ4年ごとに半減し、現在は12.5BTCであるが、2020年にはその半分となる見込みだ。マイニング報酬、すなわち新規発行されるビットコインの量が減れば価値低下のスピードも遅くなり、保有コストも今回算出された2.1%より小さくなるだろう。

1BTCの価格:少なくとも5000米ドル(14日現在は約8400米ドル)

現在のマイニング報酬:1ブロックあたり12.5BTC

1日に生成されるブロック数(10分で1ブロックとして):6 x 24 = 144ブロック

1日に薄まるBTCの金額:5000 x 12.5 x 144 = 9百万米ドル

これをビットコインの時価総額で割ると一日当たりのビットコインの価値減少割合(=保有コスト)になり、365をかけて1年分になる。

9百万米ドル/ 1,503億米ドル x 365 = 2.1%

CoinPostの関連記事

仮想通貨価格に大きく影響する「半減期」とは、ビットコインやライトコインなど過去の事例から独自考察
仮想通貨価格に大きく影響するビットコインなどの半減期が、相場に意外な影響を与えることも明らかに。今夏に控えるライトコインなどの半減期を踏まえ、過去の値動きから可能性とリスクを徹底解説。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【11/13更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら