米ナスダック、新仮想通貨インデックスを提供開始 AI活用で信頼度高い上位100銘柄を選定

ナスダックで100通貨のインデックスを提供

世界No.2の証券取引所ナスダックが、AIを活用して出来高詐称などの問題を取り除いた新たな仮想通貨インデックス「CIX100」の提供を開始したことが判明した。提供元のCryptoindex社が報道向けプレスリリースで明かした。

このインデックスはCryptoindexにリスト入りした上位200銘柄のうち、出来高の詐称などの問題を取り除いて算出された出来高上位100の銘柄を対象に価格を形成する指数で、経験の浅い投資家からプロトレーダーまでを利用対象者として見込んでいる。

選定された100の組成銘柄は、AIを活用して「偽の出来高」を除くほか200以上の査定要素を踏まえて査定、信頼性の高い仮想通貨データの提供を行う。選定基準には9つの仮想通貨取引所から取得した出来高データのほか、ニュースやSNSの投稿データをもとに銘柄を分析などがあるという。

毎月上位100の銘柄をリバランス(再調整)することで、最新の市場に沿った上位銘柄で構築されるインデックスを目指す。

また、CryptoindexのAI分析は仮想通貨価格の予想も行なっており、「日平均82%の勝率」を記録しているとした。

米ナスダックは今年9月、分散型金融(DeFi)に特化した新たな仮想通貨インデックスも追加。Augur(Rep)やMakerDAO(MKR)やその他プロジェクトのリアルタイムな情報を提供している。

関連:分散型金融(DeFi)の預託イーサリアムが300万ETHを突破

また、ニュージーランドを拠点とするブロックチェーンデータ・リサーチ企業のBrave New Coinと提携、ビットコイン、イーサリム、XRPのインデックスを提供するなど、仮想通貨関連インデッックスの提供も積極的に行なっている。

参考:cryptobriefin

CoinPostの注目記事

米ナスダック、初の分散型金融アルトコイン指数を提供
米ナスダックは初のDeFiアルトコインインデックスを追加した。MakerDAOや0xなどの分散型金融銘柄に特化した指数になる。
仮想通貨ベンチマーク企業CoinGecko、新たな「信用スコア」で透明性強化へ
仮想通貨ベンチマーク企業CoinGeckoは仮想通貨取引環境の透明性を強化するために、仮想通貨取引所を評価する新たな「信用スコア」を導入した。トップ10の取引所スコアも公開。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら