高級電気自動車カルマ、ビットコイン払いも可能に

「カルマ」 BTC支払いに

米カリフォルニア州発の高級電気自動車・ハイブリッド車ブランド「カルマ(Karma)」は、ビットコイン(BTC)を支払い手段として導入したことが判明した。カルマはテスラ・モーターズのライバルとして高級電気自動車分野で事業拡大を図っている。

南カリフォルニアのNewport Beach市にあるカルマのディーラーで、新車の購入及び整備などのサービスもビットコイン支払いの対象になる。2020年モデルの「Revero GT」が最初の対応モデルになるが、現在で販売価格は明されていないが、ベンチマーク企業Motor1は、13万ドル(17BTC・1400万円)相当と予測している。ビットコインの決済プロセッサー企業についても現時点では明かされていない。

車の購入費用にビットコイン払いを受け付けている企業は、テスラやBMWだけでなく、高級車を取り扱ういくつかの米国ディーラーも含まれる。

参考:karmanewsroom.com

CoinPostの注目記事

英国領バミューダ諸島、納税など政府への支払いでステーブルコイン「USDC」を受付開始
北大西洋に位置する英国領バミューダ諸島の政府が、税金を初めとする政府への支払いで、ステーブルコイン「USDC」の受付を始める。非中央集権的なサービスを支持する同政府は、今後も新しいサービスを考案するという。
『仮想通貨は支払い手段として世界中に普及する可能性』米旅行会社最大手CEO
旅行会社Booking HoldingsのCEO Glenn Fogel氏が、仮想通貨は支払い手段として世界中に普及する可能性を秘めていると語った。ユーザーが安心して利用できるようになれば、新興技術も受け入れられると説明している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら