ネム財団理事長、顧客目線の「カタパルト」ブランド構築で決意表明

Tinsman理事長が語るブランド力
仮想通貨XEMの展開で注目される「カタパルトプロジェクト」。NEM財団理事長がパートナーとのビジネス商談を進めていた事や、カタパルト自体のブランドも顧客目線で考えていく意向を示した。

Tinsman理事長が語るブランド力

NEM財団の理事長を務めるAlex Tinsman氏は18日、ネムの「Catapult」事業に関して、パートナーとのビジネス商談を進めていた事を明かした。今後、事業を進める中で見聞を広めていくとしており、カタパルト自体のブランドも顧客目線で考えていく意向を示した。

ブランドについては、事業のストーリーから生まれると発言したTinsman氏、ストーリーの伝え方は非常に重要であり、技術側面のブランドも同様であるとした。

特に、象徴的なブランドはプロダクトを介して価値を届けている『相手』に著しくフォーカスしているとTinsman氏は分析。「顧客に何が必要なのか、何を求めているのかは現時点だけでなく将来時も視野に入れなければいけない。」とカタパルトプロジェクトの価値向上に意欲を示した。

プロダクトは、顧客と市場の関係性を失えば、価値もなくなってしまうと考えているという。

理事長の「象徴的なブランドの存続に必要なものは何か」との問いかけに対しては、SNSのユーザーなどから「コミュニティへのリーチは非常に大事だ。プロダクトを利用している人々に直接声を届けることだと考えている。」とのコメントも見られており、理事長も賛同する意を表した。

成功するブランドは、有意義なビジネスチャンスに繋げ潜在的価値を生み出し、カスタマイズされたものを提供することで規模を大きくする。その上で、ブランドから物語は生まれ、ブランドへの忠実性も高まると考えているという。

Tinsman氏は、象徴的なブランドはアイデアと意見の分岐を取り入れる集合体の努力によって立ち上げられ、価値のレベルも高まっていくと、ネムコミュニティの非中央集権としての価値にも触れ、以下のように言葉を結んだ。

「私は、Catapultに貢献しているコミュニティ・スーパーノードの所有者・パートナー・チームたちおよびデベロッパーに感謝する。これからも一緒に協力していきましょう!」


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら