CoinPostで今最も読まれています

「仮想通貨XRPを通じた巨額出資は単なる金銭支援ではなかった」リップル幹部が語るXpringの展望

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Xpringは、価値の移転を容易にする「お金のためのAWS」を目指す
リップル社投資部門幹部は、Xpringとしての展望を通じてXRPを利用するエコシステムの構築に言及。XRPやXRPレジャーを使用して開発を行う企業への巨額出資は、単なる金銭的な支援だけではなかったと振り返った。

Xpringは、価値の移転を容易にする「お金のためのAWS」を目指す

今月初め、米リップル社の投資部門「Xpring」は、XRPレジャーとインターレジャープロトコル(ILP)をアプリに統合できる、開発者向けのオープンプラットフォームの稼働を発表した。

このプラットフォームを利用することで、ネットワークを跨いだあらゆる通貨(米ドルやビットコイン、イーサリアムなど)の支払いが可能になるため、リップル社は「お金のためのオープンプラットフォーム」と表現している。

昨年5月に始動した、投資/インキュベーション支援プロジェクトであるXpringは、XRPやXRPレジャーを使用して開発を行う仮想通貨/ブロックチェーン企業に対し、5億ドル(約540億円)を超える巨額の投資を行ってきた。

しかし、それらの企業と緊密に協力し合う中で明らかになったのは、単なる金銭的な支援だけではなかったと、Xpringの幹部であるEthan Beard氏は、次のように述べている。

「XRPエコシステムの成長と発展を支援するためには、より簡単に、より使いやすく、この技術を利用した開発ができるようにした上で、顧客やパートナー企業が、実際に直面する課題解決に集中できるようにすることが必要なことだったのだ。」

そこで、Xpringはエコシステムの発展に不可欠な、開発者への直接的な支援へ焦点を合わせ、開発者向けのグローバルなネットワークとして、XRPレジャー上の構築とILPの活用を容易にする、さまざまなツールやサービス、プログラムを提供するプラットフォームをローンチするに至ったと語る。

このシステムは、価値の移転を容易にする「お金のためのAWS」になり得る存在だとしており、目標におくテーマでもあるという。

価値のインターネットを実現

リップル社が目指しているのは、「インターネットにお金をもたらすこと」、つまりインターネット上での価値の移転を容易にすることだ。

そのための二つの柱として、リップル社は、金融機関向けのグローバルな支払いネットワークであるRippleNetと、XRPやILPを使用する企業への支援を行うXpringに力を注いでいる。

Xpringの開発者向けプラットフォームは、「アプリにお金を統合する際の苦痛と煩雑さをなくす」よう設計されており、企業の複雑化するコンピュータ関連ニーズの解決策として、必要に応じて手軽に利用することを可能にした、米アマゾン社のクラウドサービス、アマゾンウェブサービス(AWS)のようなものだと、Beard氏は答えた。

ブロックチェーンや仮想通貨関連の開発者だけが対象ではなく、「世界中の2300万人の開発者のためのプラットフォームだ」と同氏は主張する。

リップル社のILPは、異なる台帳間での送金が可能なオープンプロトコルであり、単一の企業やブロックチェーン、または通貨に紐付けられていないため、インターネット上のルーターのようにコネクターを利用したあらゆる価値移転システムの相互運用が可能だ。

さらに、ILPとXRPを組み合わせることで、メディアやゲームなど、さまざまな業界におけるブロックチェーン間取引やマイクロペイメント、ウェブ収益化が可能になるとリップル社は主張した。

Beard氏は、Xpringの将来のビジョンを次のように言い表している。

「我々は、Xpringプラットフォームが最終的に、今日のテキストや画像、ビデオと同じような水準で、インターネットにお金をもたらすことを望んでいる。」

そのビジョンの実現に近づくべく、Xpringは16日、仮想通貨のセルフカストディ技術を開発しているスウェーデンのスタートアップ、Towo Labs社に戦略的投資を行ったことを発表している。

Towo Labs社は、XRPレジャー上のすべてのトランザクションタイプをサポートするハードウェアウォレットファームウェアと、トラストレスで非カストディ型のインターフェースの開発を行うが、Ledger NanoモデルやTrezor Tデバイスなどのトップハードウェアウォレットにおけるサポートが統合されることを想定していると言う。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
13:09
チェーン間ブリッジ、未回収資金が30億円規模に
ポリゴンとイーサリアムのブロックチェーン間で暗号資産(仮想通貨)を移動する「ブリッジ」にて、多額の資金が取り残されていることが明らかになった。
12:59
JPモルガン「CEXからDEXへの構造的な転換には懐疑的」
米JPモルガンは、仮想通貨エコシステムで予想される今後の変化に関して、新たなレポートを発表。FTXの破綻にもかかわらず、中央集権型取引所から分散型取引所への構造的な転換には懐疑的だと主張した。
11:59
BTCマイナーに複数の降伏シグナル、実現損失は過去4番目の水準
暗号資産(仮想通貨)市場では資金繰りの悪化するビットコインマイナーに複数の「降伏シグナル」が散見された。1週間の実現損失額は、過去4番目の水準に達した。
11:55
欧州中銀総裁「仮想通貨規制の拡大が必要」
欧州中央銀行のラガルド総裁は、仮想通貨取引所FTXが破綻したことを受けて、より広範な仮想通貨規制が必要だと述べた。将来的にMiCAの範囲を拡大する必要があるとしている。
11:08
エイプコイン、ステーキング機能リリースへ
エイプコインのステーキング 暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)の正式なステーキング機能が12月12日にリリースされることが明らかになった。 Ape Staking Up…
10:15
米クラーケン、米財務省と和解
米仮想通貨取引所クラーケンは、米財務省OFACと和解した。イランに対する制裁違反があったことを自発的に報告し、約5,000万円の罰金を支払った形だ。
09:25
LINE傘下のBITFRONT、サービス終了へ
LINE傘下の仮想通貨取引所BITFRONTは、サービス終了を発表。サービスを終了する理由や今後の流れを説明している。
08:15
米フィデリティ、個人投資家向けにBTC・ETH取引を提供開始
米大手金融機関フィデリティは個人投資家向けにビットコインとイーサリアムの取引サービスを提供開始した。
07:40
米コインベース、Web3ゲーム関連銘柄を新規上場へ
米国の大手暗号資産取引所コインベースは29日、Web3ゲーム関連銘柄の新規取扱予定を発表した。
07:18
レンディング大手BlockFi、破産を申請
仮想通貨貸借サービス企業BlockFiは、米破産法11条にもとづいた破産申請を行った。破産申請の書類から、債権者などの詳細が明らかになっている。
06:50
29日朝|NYダウ下落 米利上げ長期化の懸念など
今日のニューヨークダウ平均は下落。中国でのゼロコロナ政策に対する抗議デモの激化や、利上げの長期化を示唆する連銀総裁らのタカ派的な発言などが売り材料になったようだ。
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。
12:30
BTC上抜けならず反落、アルト相場も売り優勢
FTX破綻の影響で疑心暗鬼の暗号資産(仮想通貨)市場では、リバウンド局面でビットコイン上抜けならず反落。前週末に反発してたアルト相場も一斉に売り優勢となった。
12:15
仮想通貨取引所の資産開示、コインベースなど報告開始
米仮想通貨取引所コインベースは資産証明についての方針を発表。FTX破綻を受けて、多くの取引所も管理する顧客資産の情報開示に関する対応を発表している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
重要指標
一覧
新着指標
一覧