金融大手フィデリティ 仮想通貨関連サービスを全適格投資家へ提供

FDAが仮想通貨サービスを開放

金融最大手の米フィデリティが持つ仮想通貨関連サービス子会社「Fidelity Digital Asset(FDA)」は仮想通貨カストディおよび取引サービスを正式に、すべての適格投資家(個人・機関投資家含む)に向けて提供し始めた。英FTの取材で判明した。

本来、今年のQ1にサービスを開始する計画をしていた。

フィデリティのCEOを務めるAbigail Johnson氏は取材で、「Q1には複数のクライアントをオンボーディングしていたが、今よりサービスが完全に開放することになった。」と明かした。CoinDeskの報道では、具体的にいつ始まったのかは明確出ない模様だ。

FDAのサービスは機関投資家などの適格投資家に特化したサービスで、今年よりビットコイン(BTC)のカストディと取引デスクを一部のクライアントに提供している。

関連米フィデリティが機関投資家向けのビットコイン取引開始へ

FDAの優勢

フィデリティのブランド力とFDAの優勢について、同CEOはこのように話した。

例えばCoinbaseは未だ新たしくて、ほとんどの人にはなじみのない企業で従来の金融アドバイザーとの繋がりも薄い。一方、「フィデリティ」ブランドおよび金融業との繋がりは別格だ。

参考:英FT紙

CoinPostの注目記事

米フィデリティ、仮想通貨サービスの提供先で細心の注意 機関投資家に注力する意向示す
米Fidelityの個人投資部門の責任者が個人投資家への仮想通貨の提供には慎重であると発言した。今後も機関投資家向けのサービスに注力していく意向を示した。
米フィデリティ、仮想通貨募金額の1億ドル到達を報告 ビットコイン募金の免税メリットを享受
米大手資金運用企業フィデリティの傘下の慈善企業「Fidelity Charitable」は、2015年より仮想通貨による募金が1億ドル以上に達していると明らかにした。募金数が相場に相関する傾向があると関係者が説明。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら