リップル社Q3最新レポート 仮想通貨XRP販売総額が大幅に減少 FUD応対も

リップル社Q3最新レポート

リップル社はQ3の「XRPマーケット報告書」を公表した。

XRP販売総額の減少

Q3では、6620万ドルに相当するXRPを販売し、前四半期より74%ほど減少してきた。暗号化されたエスクローから計30億XRPをリリースしたが、実際販売したのは、7億XRPで、残りの23億XRPは新たなエスクローへロックアップ。

特に、「プログラム販売はQ3の途中で中止し、OTCで限定した戦略パートナーにのみ販売した」とのことで、販売総額と販売量の減少に繋がっている。

なお、XRPの全体出来高(総取引量)も前四半期比53%減少し、計182億ドルにとどまった。

さらに、XRPの市場価格も同四半期にかけて約35%低下し、仮想通貨市場の総時価総額も30%ほど縮小した。

出典:ripple.com

関連リップル社、Q3より仮想通貨XRP販売総額の減少に取り組む

ODL(旧xRapid)出来高の増加

同報告書では、ODL(オンデマンド流動性=旧xRapid)の実用および出来高の増加に関しても説明している。

大手送金業者マネーグラムやその他の金融機関のODL導入および実利用により、xRapidの米ドル出来高はQ2比75%増加したという。

なおコインポストでも報じたように、アイスランドの「Algrim」のチームを取り入れたことで、ODLの開発をより強化していくととしている。「顧客の需要に応じるために、新たにアイスランドをリップル社の欧州ハブの1つとして確立し、グローバル規模でリップルのチームを拡大していく」と言及した。

関連Rippleがアイスランドの仮想通貨取引企業を買収 好材料でXRPが急上昇

FUDへの応対

さらに、SNSで流れるいわゆる「FUD」に対し、応対している。

リップル社は「Bot」がFUDを拡散させているとして、2つのFUDと真実を羅列した。

  • FUD:リップル社がXRPをダンプする
  • 真実:大金の移動はリップル社とエスクローの間の送金に当たる;仮にXRPクジラが存在しているなら、BTCもETHも同じだが、相場は異常な変動を見せていない
  • 
  • FUD:リップル社による相場操縦
  • 真実:リップル社はXRPの価格をコントロールできない。リップル社もXRPの成功を望む「利害関係企業」であり、他のXRPステークホルダーと同じポジションで健全なXRPコミュニティを支えることに注力。

最後に、「リップル社は今後も誤情報やFUDに応対していく。透明性の高い、責任を持つXRPステークホルダーとして事業を進めていく。」と、方針と展望を明確に示した。

参考:Q3レポート

「XRPの成長を最も望んでいる」Ripple社CEO、仮想通貨XRP価格への影響を否定
米有力メディアCNNの取材で、CEOのGarlinghouse氏はXRPの価格や、機関投資家に対する販売、XRPのエコシステムの成長などの話題について明確な見解を語った。

CoinPostの注目記事

リップル社CEO 金融機関との契約数は週平均2〜3社
リップル社CEOはThe Informationのサミット内で金融機関との契約数や自社バリュエーションについて語った。仮想通貨リブラについても脱退したPayPal社を取り上げてコメントした。
リップル社がSBI出資のウォレット開発企業に約8,000万円を投資 仮想通貨XRPの普及拡大へ
Rippleは、仮想通貨ウォレット開発企業BRD社に75万ドルを投資した。170カ国に250万人超のユーザーを抱えるBRD社のウォレットにXRPへの対応を設けて、XRPの利用普及を狙う。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら