決済大手Visa、仮想通貨リブラに「今も注目」 協会脱退後もFB社との対話を継続

Visa「リブラは今も注目している」

リブラ協会の脱退を表明した大手Visa社は、現在も引き続きリブラプロジェクトに注目していることがわかった。

VisaのCEOを務めるAlfred F. Kelly氏が海外メディアのインタビューに応じ、「Visaはあらゆる決済システムに対し、前向きな連携を続ける方針だ」として、未だリブラプロジェクトに意欲を示した。

Visaはリブラ協会から離れた後も、フェイスブック社との対話を続行しているという。

Visaと共に離脱した5社のうちの4社は大手決済企業で、リブラプロジェクトが国際的な送金ソリューションも担うことから、決済業者の離脱がプロジェクトの存続に影響するとの見方もある。Visaが継続的な関心を示したことはリブラにおける重要なニュースとなる。

なお、リブラの導入には、公聴会でも指摘された規制面の課題などを解決する事が最低条件としており、フェイスブックも規制準拠に時間が必要であると言及した。

これはVisaが協会脱退を表明した当時の理由と同じで、規制コンプライアンス等が参加の障壁になっている旨を明かしていた。

関連リブラ協会ついに始動へ 21社が正式加盟・1500社が加盟に関心

23日に行われた米下院公聴会でフェイスブック社CEOのザッカーバーグ氏は、米国の規制認可を取得できない場合、フェイスブック社は「リブラ協会」から手を引くという考えを示したほか、「リブラを発行できるかはまだ分からない」とも話し、規制環境が決め手になるとの認識を見せている。

Visa社らが懸念するように、リブラに対する規制対応は先行き不透明な状況にあるが、規制準拠の体制が整いさえすれば、VisaやMastercardが出戻りする可能性が見えたことは、プロジェクトの進行にプラス要素となりそうだ。

参考:valor報道

CoinPostの注目記事

「米政府に認可されなければフェイスブック社はリブラ協会から退く」ザッカーバーグ氏が公聴会で返答
フェイスブック社のCEOザッカーバーグ氏が、米下院金融サービス委員会の公聴会で証言。同社主導のリブラのプロジェクトが米国で認可されなければ、同社は運営組織から撤退する考えを示した。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【11/13更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら