富士通総研、バングラデシュ技術者を対象にセミナー受託|ブロックチェーン講義も

富士通総研がセミナー開催
富士通総研がバングラデシュ人のエンジニアを対象にセミナーを受託。ブロックチェーン講義も同プログラムに含まれている。

富士通総研がセミナー開催

富士通総研がバングラデシュ人のエンジニアを対象としたセミナー(ICT人材教育プログラム)を受託していたことが明らかとなった。同プラグラムでは、データサイエンス、AI、機械学習のほか、IoT、ロボット工学(RPA)、サイバーセキュリティ、加えてブロックチェーンに関する受講ができるとのことだ。

対象者は、新卒や30歳以下の若手バングラデシュ人エンジニア研修生で、応募総数は4010人だったという。その中から50人が選抜され、このプログラムに参加しているという。

1.6億人の人口を擁するバングラディッシュ市場への関心は高いといい、バングラデシュ人エンジニアの採用や同国でのオフショア開発なども視野に、同プログラムには多数の日系企業が参加している。

富士通は以前よりブロックチェーン技術には注力をしており、その子会社である富士通研究所では今夏に、ブロックチェーン技術を活用し、オンラインで取引する相手の信用度を判断できる技術を開発したと発表している。

また去年には、IoT向け仮想通貨技術「IOTA」を新たな標準プロトコルに採用し、製品環境やサプライチェーンマネジメントに応用する意向を示していた

CoinPostの関連記事

ソニーと富士通がブロックチェーン活用した試験データ管理システムを開発|試験結果や証書の不正防止を実現
富士通とソニーが合同で重要書類のデータ管理を目的としたブロックチェーンシステムを1ヶ月間試用することが朝日新聞の報道で判明。入国管理局への提出が必要な教育データや証書を分散化して管理する。
JLLが三井住友信託銀とブロックチェーン活用の不動産プラットフォームを実証実験
不動産サービス大手JLLはブロックチェーンを活用した不動産プラットフォームの実証実験を三井住友信託銀行等と共同で行うと発表した。不動産におけるブロックチェーン技術応用に期待が集まる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら