110万BTCの所有権巡る裁判、和解合意が決裂 クレイグ氏が和解金調達できず

110万BTCの所有権巡る裁判、和解合意が決裂

フロリダ連邦裁判所で係争中のクレイマン対ライト氏の110万BTCの所有権巡る訴訟で、和解合意が決裂した。クレイグ氏が和解金の調達ができずに、和解合意に違反したことが理由だ。

原告が提出した申し立てによると、9月上旬の和解は、基本的にライト氏による次のような行為により破られたという。「10月30日、原告側は、事前の通知なしに、クレイグがこれ以上和解金の調達ができず、拘束力のない和解契約を破ることにしたと知らされた。」

今回の和解合意の決裂以前、係争中の期限と公判日からの救済措置を求め、2件の申し立てが裁判所に提出されていた。

和解に関する話し合いは、「クレイグが和解金を調達する資力があると表明した事実をもって」ライト氏側の要求で始められたと原告側は述べている。原告側は、この基本的和解を信頼し、訴訟活動に終止符を打つとともに、むしろ訴訟の解決へ向けて労力を集中させるようにしていたという。

原告側は今後、関連する期間にわたりライト氏の会社のCFOを務めたジェームズ・ウィルソン氏の宣誓証言をとる必要があると考え、申し立てを行なったという。宣誓証言は猶予なく実施する必要があるため、原告はライト氏の反対を押し切って、裁判所にその許可を求めた格好だ。

「被告の弁護人は、被告側は2019年11月8日の宣誓証言には同意せず、来週、後日ビデオによる宣誓証言に同意するかどうかを再び考える必要があると原告側に伝えた」

裁判所はライト氏に、明日までに返答することを命じたが、あまり多くの時間はない。

彼の非常に有能な弁護士が(筆者の推測では、おそらく自分のクライアントに満足していない)この宣誓証言を進めるべきではないと、裁判官を納得させるような弁論ができる可能性はほとんどない。

この訴訟を監督する治安判事と地方裁判所裁判官の両者ともに、ライト氏は偽証しており、すでに厳しい制裁措置が決定している上、この訴訟が裁判にかけられた場合、自分自身を弁護する能力はほとんど残っていないだろうと、多くの言葉で語っていることもその理由にある。

裁判所は、ライト氏が「不正な書類を意図的に裁判所に提出し、司法手続きを妨害し、宣誓の下で虚偽の証言を行った。これ以上の司法行政の対極にある行為は無い。」と明確に牽制している。

つまり、この訴訟は、ほとんど想像することも困難だが、ライト氏にとってこれまで以上にますます悪化しつつある。

現在、彼は二人の連邦裁判官を含む全員を怒らせてしまった。そして今となってはおそらく、彼自身の弁護人も。 彼は制裁を受けなくてはならず、弁護力はほとんど残っていない。 しかし、原告側は戦術上の問題を抱えている。 もしこの訴訟に勝ち、ライト氏にに対する判決を勝ち取ったとしても(弁護士の防止策としての3%を引いた97%の可能性がある)、債務を回収をしなくてはならない。 ゆえに、和解交渉は、判決債務を回収しようと世界中を駆けずり回るより、まだましだと言えるだろう。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら