リップル社の米証券法関連訴訟で原告側が新たな主張

リップル訴訟に新たな展開

米Ripple社が仮想通貨XRPを売却していることについて、米証券法に違反したと主張される訴訟問題で、原告側は新たに申立てを行なった。

原告側(Sostack氏主導)は、Rippleが9月に申立てた「米国証券法が定める3年間の法定責任期間(Statute of Repose)」という反論に対して、「先例がなく、被告側が責任を逃れる理由にはならない」と主張している。

「Rippleが毎月行なっているXRPの販売は有価証券の継続的販売に該当するため、Statute of Reposeという条項はRippleには適用しない」との根拠で反論を行なった。

Sostack氏側は法的先例のもとで、「Ripple側は先例を引用しておらず、証券法をめぐる訴訟においても、Statute of Reposeが法的責任を免除した先例はなかった。」と論じた。

この訴訟は投資家Sostack氏の主導で起こしたもので、2013年にRippleがXRPを売却したことが米証券法に違反しているという。

仮想通貨界隈でも有名な弁護士Chervinsky氏は、「Ripple側が新たな書類を提出する期限が12月4日、口頭弁論は来年1月15日になる。」とコメントした。

参考:本書類とChervinsky氏のコメント

CoinPostの注目記事

リップル社が米国の集団訴訟取下げを要求、XRP有価証券問題については直接回答せず
リップル社は、仮想通貨XRPの有価証券問題を巡る集団訴訟について、裁判の取下げを要求する書類を裁判所に提出した。弁護団の原告側に対する指摘と主張内容とは。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【11/09更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら