デジタル証券で少額投資可能に 三菱UFJ、セキュリティトークンの取引システム開発へ

三菱MUFGセキュリティトークンに手がける

三菱UFJフィナンシャル・グループは、NTT、KDDI、三菱商事など大手21社の企業と共同で、セキュリティトークンを使った資金調達(STO)を研究、ルールづくりするコンソーシアムを立ち上げた。

主導する三菱UFJは不動産や社債、知的財産などの財産分野でセキュリティトークンが取引できるプラットフォームの事業に乗り出すという。

セキュリティトークンを発行・管理する企業は、先日米SECから「有価証券のトランスファーエージェント」の承認を受けたブロックチェーン関連企業Securitizeだ。Securitize社に加え、技術支援を行う企業では国内ブロックチェーン開発企業LayerXも参画する。

日経新聞の報道によると、「従来の個人向け社債の最低購入金額は100万円程度だが、セキュリティトークンでは100円程度から買うことができる」としており、中小企業やスタートアップにとっても、少額の資金調達が可能になることをメリットとしている。

来年の改正金商法の施行に伴うセキュリティトークンのルール整備に向けて、国内大手企業はSTOを巡りさまざまな取り組みを行なっている。

SBI証券やマネックス証券、野村證券など大手証券企業6社は先月、企業団体「日本STO協会」を新たに発足。STOにおける自主規制ルールを定め、STOの自主規制団体を目指している。

証券会社各社、デジタル証券の資金調達(STO)で業界団体立ち上げ 金商法改正受け
北尾吉孝氏が代表取締役会長を務めるSBI証券が主導して、ブロックチェーン技術を応用した資金調達方法「STO=セキュリティトークンオファリング」の業界団体を本日にも立ち上げる。法改正を受け商機とみる。
改正金商法の解釈次第で「仮想通貨の板取引規制」に深刻な懸念、JCBAが緊急提言を提出
仮想通貨取引所の「板取引規制」に深刻な懸念 2020年上半期に施行予定と...


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら