Swell 2019:リップル社CEO登壇内容「世界の金融変革は躍進」

Swell2019 Garlinghouse氏発言

本日よりRipple主催の「Swell 2019」が開幕。(コインポストも招待を受けました)

オープニングスピーチでCEOのGarlinghouse氏はXRPの送金優越性や、世界金融で起きている変革について見解を語った。

「xCurrent・ODLを含むリップルネットは最も効果的な送金手段であるが、数年前からRippleではすでにそれを利用して送金を行なっていた」と説明、SWELLの参加人数からみても、リップルに興味がある人は年々増加と話した。

今のブロックチェーンはただの発想やビジョンではなく、様々なテストや研究が行われており、「Ripple社においては、デジタルアセット(仮想通貨)における実用性も確実に拡大している」と言及した。

デジタルアセットについては、仮想通貨XRPとそれを利用するODL(旧xRapid)を介した米ドルとメキシコペソ間の送金事例を取り上げ、従来のノストロ口座ベースの送金システムの摩擦を削減し、スピードを大幅に改善することに成功したと発表した。

以下Swellに参加している方が撮影したビデオだ。

世界での変革

続けて、Garlinghouse氏は今年の金融変革・イノベーションについても話した。

フェイスブック主導の仮想通貨リブラ、JPモルガン独自のステーブルコイン「JPMコイン」、および中国のデジタル人民元を取り上げ、デジタル金融の加速を指摘。「フェイスブックが公開したホワイトペーパーは、Rippleの早期構想に類似する部分も見られ、一方で異なる部分も多々ある」と言及した。

異なる点としては、直接消費者にリーチしようとすることや、銀行と競争する点などが該当するという。

出典:Swell参加者の@nuonrg

Garlinghouse氏によると、フェイスブック社とは異なり、Rippleは既存の金融業・規制者と提携することが可能で、実際多くの金融機関(本日の発表では300社以上)と提携しており、規制者との会話も行なっていることが強みであり、フェイスブック社は信頼面で赤字を抱えている状況にあると指摘した。

CoinPostの注目記事

「今年がベストイヤー」リップル社、SWELL開幕で最新発表 仮想通貨XRPも高騰
リップル社が主催するSWELLが開幕、早速新発表が行われた。CEOのGarlinghouse氏は、「2019年はRippleの最も良い年だ」コメント。仮想通貨XRPの市場も期待感で価格常用を記録している。
仮想通貨XRPを介した国際送金、SWIFTより送金ボラが1/10に減少 リップル社が公式検証
Rippleは、XRPを利用したODLが従来のSWIFTでの法定通貨による送金ボラティリティの10分の1に抑えることができる検証を行い、数値を可視化した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら