コインチェック、XLMトークンバーンとの関係性を否定 新規上場仮想通貨関連で公式声明

コインチェック、ステラのトークンバーンとの関連性を否定

仮想通貨取引所コインチェックは8日、自社で取り扱い開始を発表した仮想通貨ステラ(XLM)のトークンバーンについて、公式声明文を発表した。「事前に把握していた事実はなく、一切関連はない」として、関連性と、インサイダー取引の可能性を否定した。

コインチェックは19年11月1日(日本時間)、新たに新たに「Stellar Lumens(XLM)」の取扱い開始を発表。

同年11月4日(日本時間5日)、Stellar Development Foundationが、事業方針の変更として、XLMのトークンバーンを発表。550億トークンを供給量から消滅させるとした。

コインチェックは、XLMのトークンバーンとコインチェックのXLMの取扱い開始との関連について、様々な憶測がなされているが、「事前に把握していた事実はなく、一切関連はない」と、関連性を否定。

XLMの取扱いでも、コインチェック社から情報が漏洩しているとの指摘があったが、社内でも検証を行った結果、現時点でそのような事実は確認できていない、とコメントした。

トークンバーンは、発行したトークンを、取り出せないアドレスなどに送って、供給量を減らす手段。XLMの事例のように、現在市場に出回っていないトークンでも、トークンバーンが行われることで、将来的な売り圧力が低減するとの見方が強まり、市場が材料視する。

CoinPost編集部が確認する限り、「トークンバーンを把握した上で、上場を控えるためにトークンを仕込んでいた」などとする憶測が確認されていた。コインチェック社は、トークンを上場する企業として、ユーザーに誤解を招くことがないよう、公式声明を出したものと予想される。

トークンバーン(BURN)とは

紙幣を燃やして無くす事例になぞらえ、発行した仮想通貨の枚数を減らすこと。仮想通貨のプロジェクト等が、自ら保有する通貨を対象に行うため、ユーザーの保有仮想通貨がなくなることはない。

市場に流通する仮想通貨の量が減るため、トークンの希少性が高まり、市場価格の上昇も期待されるファンダメンタルズ要因。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら