法定通貨・ステーブルコインの交換を簡易化 Binanceが新システム導入

Binance x Paxos

最大手取引所バイナンスは、米仮想通貨関連企業Paxosが新たにローンチした「法定通貨ゲートウェイ」を、最初の利用企業として導入する。公式発表で判明した。

NYのビットライセンスを取得するPaxosは、ユーザーが米ドルから対応するステーブルコインに変換できる仕組みとして、法定通貨ゲートウェイを公開している。これまではPaxosを利用する顧客のみに利用を限定していたが、APIを通じてバイナンスのユーザーもサービスを提供する。

米国のユーザーなどは、規制面で不透明性が残るUSDTなどの通貨を利用する事は消極的にならざるを得なかったが、法定通貨から利用したいステーブルコインに直接変換できるプラットフォームを利用できるようになる。

これまでは、特定のステーブルを利用したい場合も、取引所の取引環境の関係から、一度USDTに変換する必要などがあった。結果、ユーザービリティが向上せず、USDTのドミナンスが維持されていた。

大手バイナンスが導入する事で、テザーの一強状況を解消できる可能性がある。

適格な企業は、ファーストパーティとして直接に変換することができるほか、サードパーティとして顧客にサービスを提供することも可能だ。法定通貨だけでなく、ステーブルコイン・ステーブルコイン間の無料変換も新機能で実現する。

つまり、バイナンスを利用する企業や機関投資家はこのゲートウェイを介して、米ドルからの取引アクセスができるようになる。

Paxosはバイナンスと提携し、米ドルステーブルコインBUSDの発行も手がけている。

参考:バイナンス公式

CoinPostの注目記事

バイナンスCEO、規制対応や法定通貨とヴィーナスの関係について語る=コインデスクインタビュー
仮想通貨取引所バイナンスのCEOがコインデスクのインタビューに応じ、規制対応や各政府との協力についての考え方、独自ステーブルコイン・ヴィーナスの普及方針について説明した。
ウクライナ政府、仮想通貨導入政策でバイナンスと協力 規制と市場構築へ
ウクライナ政府は、仮想通貨導入政策でバイナンスと協力関係を築く。仮想通貨の法的ステータスを共同で確立させるために、バイナンスと覚書(MoU)を締結した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら