BitMEXのリーダーズボードで2アカがTOP10入り 正体は仮想通貨投資会社と判明

ランキングをマーケティングに活用

世界最大手仮想通貨デリバティブ取引所BitMEXのトレーダー収益ランキング「Leaderboard」で、累積利益にTOP10入りしている2アカウントが、投資会社のものであることがわかった。あえて実名を出すことで、マーケティングに活用しているのだという。

BitMEX

企業の名前は、2017年に設立されたAlameda Research。1億ドル(約110億円)のデジタル資産を運用し、1日で6億ドルから15億ドル規模の高頻度取引を行う企業だ。1日当たり10億ドルの取引で、世界の取引高の約5%を占めるため、仮想通貨市場でかなり高い出来高を有している投資企業といえる。今年は、仮想通貨デリバティブ取引所FTXの解説も行なっている。

ハッキングなどのリスクを恐れ、匿名で取引を行うトレーダーが多い仮想通貨市場で、2019年に実名を出すことを決断した。当時は店頭のトレーディングデスクを開設した時で、自社の名前が広まることを期待したという。

取引開始からのBitMEXの累積利益で、トップ10位以内にAlameda Researchのアカウントが2つランクインしている。この内容は公開されているため、投資家に限らず誰でも閲覧でき、企業側からすれば実績を数値化することが可能だ。同企業は、自社のトレード実績をあえて可視化することで、リーダーズボードでマーケティングを行なっていたのだという。

出典:BitMEX

実名を出した効果もあって、トレーディングデスクの顧客獲得数は予想を上回り、今では1日数億ドルの取引が行われているようだ。同社CEOのSam Bankman-Fried氏は、Leaderboardに実名を掲載した効果はあったと感じているという。

米ブロックチェーン企業ConsenSysでグローバル金融部門のトップを務めるLex Sokolin氏も、「Leaderboardは実績の証拠として、企業のマーケティングとして活用できる」と説明している。

参考資料 : Bloomberg

CoinPostの関連記事

仮想通貨取引所BitMEX、インデックス(指数)の重みをアップデート
仮想通貨デリバティブ取引所BitMEXのインデックス(指数)の重みが11月22日に変更されることが分かった。米コインベースの比重が10%以上増加している。
仮想通貨デリバティブ、「草コイン」の先物指数を提供
仮想通貨のデリバティブ商品を扱うプラットフォーム『FTX』が、時価総額が低い仮想通貨の先物指数『SHIT-PERP』を提供している。取引のリスクヘッジなどに活用できる可能性として注目が集まっているようだ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら