中国軍部のブロックチェーンプロバイダ、Hyperledgerの認定プログラムに参加

中国軍部とつながりのある企業が認定

中国陸軍と繋がりもある北京のブロックチェーン企業「PeerSafe」が、Hyperledgerによる認定プログラム「HCSP(Hyperledger Certified Service Providers)」に認定されたことが分かった。同プログラムは、IBMやアクセンチュアなど5企業の認定を行なっている。

HCSPは、ブロックチェーン技術を模索している他の企業に対してサポート、コンサルティング、トレーニング、インストール、トラブルシューティングなどの専門的なサービスを提供することを認めるプログラムだ。米国のIBM、アクセンチュア、チェーンヤード、中国のAnt Financialの4企業のみの認定で、新たにPeerSafeが加わった。

PeerSafeは、ブロックチェーン技術の特許数でトップ3に入る企業であるが、これまで軍事面との関与は知られていなかった。

この発表の4か月前に民間と軍事の両方の目的に使用できる技術に投資している基金である「上海民間軍事統合開発基金」からシリーズCの資金調達を実施、軍や政府機関のクライアントと深い関係性を持つようになった事が明らかになった。

なお、中国軍はブロックチェーン技術を使用して機密情報と通信の保護し、軍事訓練のパフォーマンスの評価、物流の監視を行う取り組みにも着手している。

CoinPostの注目記事

中国国営テレビ 「仮想通貨は非合法的融資手段」と指摘|国家的ブロックチェーン戦略との温度差は?
習近平主席がブロックチェーン親和政策を発表して以来、中国政府の仮想通貨政策が軟化と見られていたが、国営テレビの著名ドキュメンタリー番組でその真の立場が確認されている。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【12/07更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら