CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨にも採用「MimbleWimble」の匿名性に欠陥か、対応策も

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ソフトウェア研究者が仮想通貨GRINへの攻撃で証明

プライバシー強化とスケーラビリティ改善機能で注目を集めるプロトコル「ミンブルウィンブル(MW)」の匿名性モデルには根本的な欠陥があると元グーグルのソフトウェアエンジニアが指摘し、MWを実装した仮想通貨GRINのトランザクションアドレスを正確に発見して見せることで証明した。

Mimble Wimbleは仮想通貨の取引の際に送信者・受信者のアドレス、取引額の情報が公開されないようにする匿名化技術の一つであり、2016年にTom Elvis Jedusor(仮名)というハッカーが生み出した基本設計にBlockstream研究者のAndrew Poelstra氏が改善を加えて開発された。その後プライバシーコインとして知られるGRINやBEAMに実装されライトコインへの導入も正式に提案されるなど、有望な可能性を持つプロトコルとしての認識が高まっている。

関連リクルートが匿名仮想通貨プロジェクトBeamへ出資|匿名技術MimbleWimbleとは

一方でMWにはプライバシーの面で脆弱性を持つ可能性が複数の研究者より指摘されているため、その証明を行うことを目的にコンピュータ科学者であるIvan Bogatyy氏はGRINを用いて実証実験を行った。同氏は現在米国に拠点を置く仮想通貨ベンチャーファンド「Dragonfly Capital Partners」の研究者で、グーグルでソフトウェア開発者として研究開発に携わった経歴も持つ。

Bogatyy氏によれば、アマゾンウェブサービスを週60ドルで利用しGRINの96%のトランザクション送受信者の正確なアドレスをリアルタイムに追跡することができたという。同氏は「この問題はMW固有のもので修正する方法はなく、プライバシー重視の仮想通貨であるZcashやMoneroに代わる手段として見なされるべきではない」と主張している。

Bogatyy氏はこの実験の目的はGRINを貶めることではないと強調した。確かにZcashやMoneroに比べて送受信者に対する匿名性は劣るが、トランザクションの金額については暗号化されるためビットコイン等の非プライバシーコインよりは匿名性が高まると説明している。

また、MWは重複するトランザクション情報を取り除きブロックデータを削減するカットスルーと呼ばれる機能を持っているため、スケーラビリティの面では依然ととして有望な技術であり「ユニークで価値ある特性」を備えているとBogatyy氏は補足している。

Bogatyy氏は、ビットコイン誕生から11年経つが仮想通貨はまだ初期段階であり、ZcashやMoneroにしろ致命的なバグが発見され、改良が重ねられてきた経緯があることに触れている。そしてこのような状況は十分予期されるものであり、最も興味深い技術は未だ、基礎科学の領域にあるとして次のように述べている。

これが科学が進歩する方法なのだ。 新しい理論を提案、その理論を打ち破ることを繰り返す。 それでもなお残ったものが時の試練に耐えるまで。

対応策も

Bogatyy氏は報告内で、MWのみでは強力なプライバシーを提供することは望めないものの「Ethereum9¾」等の別のプロトコルと組み合わせることで匿名性を高めることも可能だと述べている。

Litecoinの開発者であるCharlie Lee氏はこの報告に対し「Mimble Wimbleのこの制限は良く知られたものである」と反応し、具体的な解決策も提案した。

Lee氏は解決策としてCoinJoinという技術の併用を提案している。CoinJoinとは複数のトランザクションをいったんまとめてからそれぞれの送信先に再分配することで送信者と受信者の紐付けを断つ、匿名性を高める技術である。

関連ビットコインのプライバシーはなぜ議論されるのか?その手法について検証|BTCプライバシー編

参考:Breaking Mimblewimble’s Privacy Model

CoinPostの注目記事

CoinPost(コインポスト)は国内最大手仮想通貨(暗号資産)・ブロックチェーンメディアです。ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)、ネム(XEM)などのニュースや投資初心者向け解説記事、リアルタイム価格チャート、株式を含む金融経済のマーケット解説など、役立つ情報を幅広くお届けします。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。
10:25
分散型予測市場ポリマーケット、バイデン米大統領の選挙撤退予測90%到達
仮想通貨ポリゴン基盤の分散型予測市場「ポリマーケット」で、バイデン米大統領が選挙から撤退する予測が一時90%まで到達した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア