仮想通貨モネロの公式サイトでウォレットのマルウェア感染 早朝に問題は解決

モネロ ウォレットのマルウェア感染が解決

仮想通貨モネロの公式サイト「getmonero.org」からダウンロードできるモネロのCLIウォレットソフトウェアがマルウェアに感染していたことがわかった。モネロのコア開発者が、Redditで状況を報告を行なった。現在、問題は解決済みだという。

昨夜の報告では、この投稿を受けた一人のコード捜査員がGithubで調査を行なった結果、ソフトウェアが確実に感染しており、利用者の所有通貨が盗難被害にあう恐れがあると指摘。

本日早朝、公式サイトも捜査結果を公表。「CLIウォレットは一時的な感染が確認されたことは事実であるが、問題はすでに解決した」と報告した。

公式側は、日本時間18日11:30〜19日1:30の間にCLIウォレットをダウンロードしたユーザーがバイナリーのハッシュが公式のものに一致しているかどうか確認するよう推奨している。

参考:getmonero.org

CoinPostの注目記事

ベトナムの仮想通貨取引所がハッキング被害 今年で7度目の流出事件に
ベトナムに拠点を置く小規模の仮想通貨取引所VinDAXがハッキング被害を受け、50万ドルに相当する23銘柄が流出。TheBlockの入手した情報で判明。
北朝鮮、20億ドル仮想通貨ハッキングの国連報告を全面否定
北朝鮮は国営メディアを通じて、国連安保理による「仮想通貨取引所ハッキングなどで20億ドルを調達した」との指摘を全面的に否定している。米国による対北経済制裁の正当化と非難。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら