ビットコイン規制と経済的自由の関係性:自由で豊かな国が受け入れている現状

ビットコイン規制と経済的自由の関係
世界中で経済的自由の研究がされています。経済的自由は国民一人あたりのGDPと明らかな相互関係を示しています。ビットコインを禁止または過剰規制している国は国民一人あたりのGDPも経済的自由ランキング順位も低いです。自由がきかない政権は国民の貧困を引き起こしています。

ヘリテージ財団(Heritage Foundation)の2017年経済自由度指数によると、以下の5ヶ国が最も経済的に自由な国です。

  • 香港
  • シンガポール
  • ニュージーランド
  • スイス
  • オーストラリア

ヘリテージ財団は以下の4つのカテゴリーを用いて経済的自由度を評価しています。

  • 法の支配(財産権、政府の誠実さ、司法の有効性)
  • 政府の規模(財政支出、税負担、財政の健全さ)
  • 規制能率(ビジネスの自由度、労働の自由度、通貨の自由度)
  • オープン市場(取引の自由度、投資の自由度、財政の自由度)

世界銀行の2016年データを用い、最も経済的に自由な国の国民一人あたりのGDPを以下にまとめました。

  • 香港 $43681(約484万円)
  • シンガポール $52961(約587万円)
  • ニュージーランド $39427(約437万円)
  • スイス $78813(約873万円)
  • オーストラリア $49929(約553万円)

経済的自由と豊かな暮らしの相互関係は明らかです。

経済的自由度が高いほど、国民の暮らしが豊かになります。

経済成長と国民一人あたりのGDP増加は長寿命、より多い選択肢、環境汚染の減少、小家族、そして新しい技術的ブレークスルーに繋がります。

世界中の国がよりお金持ちになれば、地球を効果的に救えるかもしれません。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

ビットコインの禁止

以下の5カ国はビットコインを禁止しました。

  • モロッコ
  • ボリビア
  • エクアドル
  • キルギスタン
  • バングラデシュ

ビットコインを禁止した国のヘリテージ財団経済自由度指数ランキング順位が以下になります。

  • モロッコ 86位
  • ボリビア 168位
  • エクアドル 160位
  • キルギスタン 89位
  • バングラデシュ 128位

ヘリテージ財団はモロッコとキルギスタンをほどよく自由とみなしています。

そしてバングラデシュを大部分が抑制、ボリビアとエクアドルを完全に抑制されているとみなしています。

ビットコインを禁止した国には明らかに経済的自由がありません

ビットコイン禁止国の国民一人当たりのGDPが以下になります(データは世界銀行から)。

  • モロッコ $2832(約31万円)
  • ボリビア $3105(約34万円)
  • エクアドル $5969(約66万円)
  • キルギスタン $1077(約12万円)
  • バングラデシュ $1359(約15万円)

経済的に抑制されている国が貧困であることは明らかです。

自由で裕福な国がビットコインを受け入れている

日本はビットコインを法定貨幣として宣言し、それによりGDPが増加したようです。

そして中国の最大仮想通貨取引所は日本と韓国に移転する契約を結びました。

スイスはツーク州に仮想通貨インキュベーターを建設しました。

Crypto Valleyはブロックチェーンおよび仮想通貨技術の最前部を目指す政府支持機関です。

このような国は経済的自由を恐れず、とても裕福です。

経済的自由度が高い国ほど裕福です。

進歩が遅い抑制政権だけがビットコインを禁止しており、国民の貧困をもたらしています。

自由と繁栄は相伴います。賢明な政府はブロックチェーンと仮想通貨を支持し続けるでしょう。

そして仮想通貨はより多くの効率的市場(消費者および生産者過剰が最も多く見られる市場)を作り続けます。

現在、抑制的な国だけがビットコインを過剰規制または禁止しています

Bitcoin and Economic Freedom

Jan. 14, 2018 by Mark Kirker

参考記事はこちらから
ビットコインニュース一覧

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用