BTCマイニング大手Bitmainが日本上陸 国内仮想通貨企業TEAMZと業務提携で

Bitmainが日本上陸

仮想通貨採掘最大手のBitmainは日本のTEAMZと業務提携し、国内でマイニング機器の展開を行う。TEAMZのプレスリリースで判明した。

株式会社TEAMZは東京を拠点とするブロックチェーンソリューション企業で、国内のブロックチェーンカンファレンスをはじめ、中国企業とのコネクションに強みを持つ仮想通貨関連企業だ。

今回の事業提携で、Bitmainは自社生産の仮想通貨採掘機器をTEAMZを介して、日本市場向けに販売することになる。

Bitmainは、大手マイニングプールを傘下にもつ他、「アントマイナーS17+」のハッシュレートは73TH/sで、同40Jと比較しテラハッシュあたり10%増の電力効率で動作するほか、10%増の電力効率を持つ最新マシンの提供、販売も行なっている。

Bitmainは現在米国のIPO(新規株式公開)を申請中。同業者のCanaan Creativeは22日よりナスダックに上場を行なっている。

参考:プレスリリース

CoinPostの注目記事

BTC採掘最大手Bitmainの企業ドラマが続く ライバル企業CEOが知的財産を巡り拘留か
Bitmain社でヒット機器の設計を担当、現在はライバル企業MicroBT社のCEOを務めるYang氏は、知的財産権の侵害を巡り中国当局の調査を受けている。
最大手仮想通貨マイニング企業Bitmain、米国でIPOを申請
世界最大手の仮想通貨マイニング企業Bitmain Technologiesが、密かに米国のIPO申請書を米SECに提出していたことがわかった。昨日にも退任していたJihan Wuが法人代表に再就任したばかりだ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら