仮想通貨研究員がビットコイン価格操作について論文を執筆

仮想通貨は数人のプレイヤーで過去に価格操作をされていた
仮想通貨研究員らは、不正活動によりビットコイン価格に大きな影響を与える人物が存在することを発表し、仮想通貨界(特にビットコイン)の価格にはハックに対する措置や防止機能が欠けている点を指摘しました。

Mt.Gox ビットコインの価格操作について

リサーチャーであるNeil Gandal、JT Hamrick、Tyler Moore、Tali Oberman氏はビットコイン価格操作についての論文を執筆しました。

彼らの論文『Price Manipulation in the Bitcoin Ecosystem(ビットコインエコシステムの価格操作)』はJournal of Monetary Economics紙に登載され、ビットコインエコシステムがどれほど悪者によって制御されているかが発表されました。

ビットコイン市場が不特定少数のビッグプレイヤーによって操作されていることはご存知の方が多いと思います。

『今回の論文はマウントゴックス取引所で起きた疑わしい取引活動を特定し、分析しています。同事件では、18.8億ドル分の60万ビットコインが不正入手されました。不正活動が行われたとき、USD-BTC取引レートは日毎4%上昇しましたが、それに比べて疑わしき不正活動がなかった際のレートは若干減少傾向にありました』

論文には以上のような記述が存在します。

徹底した分析と広範囲にわたる確認の末、2013年後期の不正活動はUSD-BTC取引レートに先例のない高騰を起こしたと証明しました。

なんと、約二か月間のスパンで150ドルから1000ドル(1万6千~11.1万円)に暴騰したのです。

研究チームは、価格操作が起きた理由は単純に、早期ビットコインを含む仮想通貨市場が閑散としていたからだと述べました。

『2013年のビットコイン市場と似たように、仮想通貨市場の時価総額が大きな成長を見せたにも関わらず、他の仮想通貨市場は閑散としていました。現在市場に流通する仮想通貨の数は80から843にも増えましたが、これら多くの市場は閑散していたため、価格操作の対象となりました』

botにより価格が操作された?

価格はMarkusとWillyのボットによって操作されました。

これらボットによる取引は一見正常な取引をしているように見えますが、取引で利用するビットコインは実際所有していませんでした。

マウントゴックスハック事件の際、このボットは偽の取引を偽造し、数百万ドルのBTC値操作に成功したのです。

マウントゴックス事件の際、公表された取引ボリュームには不正取引が含まれていたため、一見大量のトレードが行われているように見えました。

不正行為がなかったとしても、ボットが機能していた時の大手取引所内のUSD-BTC取引量は通常時より高かった、と論文にあります。

もちろん“Non-bot(Botが活動していない)”時の取引は手数料が発生したため、マウントゴックス社にとって利益的でした。

しかしWilly Botは他の目的も果たしていました。

一説によると、ハッカーは2011年6月に約65万ビットコインをマウントゴックス社から盗み、取引所運営者のMark Karpales氏は非常措置を取り、数年間その損失を隠蔽しようとしたそうです。

もしビットコインがより多くの方に受け入れられるようにしようとするならば、市場操作をこれほど容易にさせるべきではありません。

分散化は規制に代るはずですが、それが実行されるには多くの壁が存在します。

リサーチャーは以下のように指摘しました。

『大手金融機関が仮想通貨に投資し、(日本が昨年4月行ったように)国々がビットコインを決済システムとして合法化させている一方、仮想通貨市場がどれだけ不正操作行為に弱いかを認知するべきです』

Researchers find that one person likely drove Bitcoin from $150 to $1,000

techcrunch Jan. 16, 2018 by John Biggs

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加