CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨研究員がビットコイン価格操作について論文を執筆

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨は数人のプレイヤーで過去に価格操作をされていた
仮想通貨研究員らは、不正活動によりビットコイン価格に大きな影響を与える人物が存在することを発表し、仮想通貨界(特にビットコイン)の価格にはハックに対する措置や防止機能が欠けている点を指摘しました。

Mt.Gox ビットコインの価格操作について

リサーチャーであるNeil Gandal、JT Hamrick、Tyler Moore、Tali Oberman氏はビットコイン価格操作についての論文を執筆しました。

彼らの論文『Price Manipulation in the Bitcoin Ecosystem(ビットコインエコシステムの価格操作)』はJournal of Monetary Economics紙に登載され、ビットコインエコシステムがどれほど悪者によって制御されているかが発表されました。

ビットコイン市場が不特定少数のビッグプレイヤーによって操作されていることはご存知の方が多いと思います。

『今回の論文はマウントゴックス取引所で起きた疑わしい取引活動を特定し、分析しています。同事件では、18.8億ドル分の60万ビットコインが不正入手されました。不正活動が行われたとき、USD-BTC取引レートは日毎4%上昇しましたが、それに比べて疑わしき不正活動がなかった際のレートは若干減少傾向にありました』

論文には以上のような記述が存在します。

徹底した分析と広範囲にわたる確認の末、2013年後期の不正活動はUSD-BTC取引レートに先例のない高騰を起こしたと証明しました。

なんと、約二か月間のスパンで150ドルから1000ドル(1万6千~11.1万円)に暴騰したのです。

研究チームは、価格操作が起きた理由は単純に、早期ビットコインを含む仮想通貨市場が閑散としていたからだと述べました。

『2013年のビットコイン市場と似たように、仮想通貨市場の時価総額が大きな成長を見せたにも関わらず、他の仮想通貨市場は閑散としていました。現在市場に流通する仮想通貨の数は80から843にも増えましたが、これら多くの市場は閑散していたため、価格操作の対象となりました』

botにより価格が操作された?

価格はMarkusとWillyのボットによって操作されました。

これらボットによる取引は一見正常な取引をしているように見えますが、取引で利用するビットコインは実際所有していませんでした。

マウントゴックスハック事件の際、このボットは偽の取引を偽造し、数百万ドルのBTC値操作に成功したのです。

マウントゴックス事件の際、公表された取引ボリュームには不正取引が含まれていたため、一見大量のトレードが行われているように見えました。

不正行為がなかったとしても、ボットが機能していた時の大手取引所内のUSD-BTC取引量は通常時より高かった、と論文にあります。

もちろん“Non-bot(Botが活動していない)”時の取引は手数料が発生したため、マウントゴックス社にとって利益的でした。

しかしWilly Botは他の目的も果たしていました。

一説によると、ハッカーは2011年6月に約65万ビットコインをマウントゴックス社から盗み、取引所運営者のMark Karpales氏は非常措置を取り、数年間その損失を隠蔽しようとしたそうです。

もしビットコインがより多くの方に受け入れられるようにしようとするならば、市場操作をこれほど容易にさせるべきではありません。

分散化は規制に代るはずですが、それが実行されるには多くの壁が存在します。

リサーチャーは以下のように指摘しました。

『大手金融機関が仮想通貨に投資し、(日本が昨年4月行ったように)国々がビットコインを決済システムとして合法化させている一方、仮想通貨市場がどれだけ不正操作行為に弱いかを認知するべきです』

Researchers find that one person likely drove Bitcoin from $150 to $1,000

techcrunch Jan. 16, 2018 by John Biggs

参考記事はこちらから
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/24 水曜日
15:09
WebX2024、最大73%割引の「開幕セール」終了まで残り1週間
株式会社CoinPostが主催する日本最大のWeb3カンファレンス「WebX2024」にて、チケット販売を開始しております。2024年4月30日まで、最大73%割引のお得な開幕セールを実施中です。
14:35
米ブロックチェーン協会ら、仮想通貨業界の声をまとめSECを提訴
米ブロックチェーン協会とテキサス州暗号資産自由同盟は、米証券取引委員会が新たに制定したディーラー規則の阻止を求めて、SECを提訴した。
13:00
香港の現物ビットコインETF 4月30日にも発売かー報道
香港でボセラとハッシュキーキャピタルが提供するビットコインETFが取引を開始すると報じられた。2社の現物ビットコインETFは、価格安定性が高く、投資家に直接的な市場価格連動のメリットを提供する。
12:09
半値戻しのビットコイン、投資家心理改善で買い先行
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが66000ドル台まで反発し、50MA手前で一服した。イランとイスラエルを巡る中東リスク後退で米国株式市場でも買い戻しが先行しており、投資家心理が改善した。
12:00
ブラックロックのビットコイン現物ETF「IBIT」、70日連続流入を記録
ブラックロックのビットコイン現物ETF「IBIT」が70日連続で資金流入を記録した。運用資産は約2.8兆円に達している。
11:00
リップル社、SECによる20億ドルの罰金提案を過大と反論
リップル社は、XRPをめぐるSECとの裁判で新たな書類を提出。リップル社に対して約3,100億円の罰金支払いを求めるSECの主張に反論した。
09:40
「BTC価格上昇は半減期から50〜100日後」QCP Capital
仮想通貨ビットコインの今後の価格が急上昇するのは半減期から50〜100日後であるとQCP Capitalが分析。また、Bitfinexも半減期後の相場レポートを公開した。
08:45
ソラナJupiter、DEXモバイルアプリ5月公開予定
既存のUltimateウォレットは5月22日から利用できなくなるため、その前に仮想通貨の一時的移転(PhantomやMagic Edenウォレット)を推奨した。
08:10
米国のイーサリアムETF上場申請、5月承認は見込み薄か
申請中の仮想通貨イーサリアム現物ETFの多くは5月に最終判断を迎える予定だが、多くのアナリストは承認の確率が低いと予測。背景には、イーサリアム財団への任意捜査で米SECがETHを有価証券に分類しようとしている点や、ビットコイン現物ETFが承認されてからまだそれほど時間が経っていない状況などがある。
07:10
ビットコインの機能を拡充する新提案が公開
仮想通貨ビットコインのブロックチェーン上でスマートコントラクトなどを実現する開発提案がBIP-420として公開。以前から関心を集めている提案の内容が改めて説明された。
06:35
バイナンスアプリの削除、フィリピン当局がアップルとグーグルに命令
フィリピンはバイナンスの顧客基盤における重要な構成国だが、同SECは2023年11月以降、バイナンスを投資に利用しないよう国民に積極的に警告していた。
05:50
エルサルバドルの国営ビットコインウォレット、ハッカーがコードを流出
今回の漏洩は、4月上旬に報告された510万人のサルバドル人の個人情報リークを含む、一連のChivoウォレット関連のハッキングに続くものだ。
04/23 火曜日
19:00
メゾンマルジェラ MetaTABI NFT発売
メゾンマルジェラがMetaTABI NFTを一般販売開始。デジタル専用設計のタビシューズはThe Fabricantとのコラボで、限定版タビブーツとレザーウォレットが付属。今後のWeb3ブランドイベントにも参加可能。
18:00
ライフカードVプリカ 仮想通貨で購入可能に
ライフカードが暗号資産(仮想通貨)決済サービス事業者Slash Fintechと提携。2024年5月15日から「Slash Vプリカ SHOP」でステーブルコイン等を使ったVプリカギフトの販売を開始する。インターネットショッピングやオンラインゲーム等、デジタルサービスでのプリペイド決済が拡大する見込み。
14:00
ベネズエラ、石油取引で仮想通貨使用を加速か
ベネズエラの国営石油会社PDVSAは原油と燃料の輸出において、暗号資産(仮想通貨)の利用を増やす計画だ。背景には米国による制裁再発動がある。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/24 11:30 ~ 13:30
その他 オンライン
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
2024/04/27 10:30 ~ 20:00
東京 東京都渋谷区
重要指標
一覧
新着指標
一覧