ビットコイン価格暴落/bitFlyer Lightningでサーキットブレイカー断続的に発動

bitFlyerでサーキットブレイカー(相場の急変を抑えるための取引一時中断)発動
bitFlyerのビットコインFX価格が約170万円台から暴落して一時は約100万円台となり、約70万円の暴落を記録しました。

BTC価格暴落によりサーキットブレイカーが断続的に発動

サーキットブレイカーとは、相場の急変を抑えるために取引の一時中断を行う制度です。

これが5分間で断続的に発動したことが話題になりました。

これにより一時bitFlyerのビットコインFX価格が約170万円台から暴落して一時約100万円台となり、約70万円の暴落を記録しました。

また、現物との価格差がマイナス約30万円となり、普段は現物よりプラス方向に乖離していた価格がマイナス方向へと転じました。

こういった価格乖離を防ぐため、bitFlyerは1月中にSFDを導入すると発表したばかりでした。

価格乖離が10%以上になった場合、SFDにより、価格乖離を広げる注文をした人から手数料が徴収され、価格乖離を縮める注文をした人には手数料が付与されるため、SFD導入後はこういった状況になっても改善しやすくなると思われます。

bitFlyerがビットコインFX価格乖離縮小を目的にSFDを導入予定
bitFlyerのFXと現物価格の価格乖離が10%以上になった場合、SFDにより、価格乖離を広げる注文をした人から手数料が徴収され、価格乖離を縮める注文をした人には手数料が付与されます。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加