米最大手ショッピングモールもビットコインATMを導入へ「クリスマス商戦に仮想通貨」

米ショッピングモールにもビットコインATM

米最大手ショッピングモール「Simon Malls」は、ビットコインATM企業Bitstopと提携し、ATMを複数のモール内に設置した。公式発表で判明した。

Bitstopはカリフォルニア、フロリダ、ジョージア州にある計5つのショッピングモール内へのATM設置をすでに完了している。米国ブラックフライデー(11月29日)とクリスマスという「国民の買い物シーズン」に向けた戦略でもあるという。

Bitstopは先月、フロリダ州マイアミ空港にもビットコインATMを設置した企業でもある。空港にATMを設置した際には、南米からの旅行者の利用者をターゲット層に、ボーダーレスの特性を生かした利便性の向上を図っている。

先日のデータによると、11月18日時点で世界に6003台のビットコインATMがあり、その約65%が米国に設置されているという。

一方、米内国歳入庁(IRS)は、ビットコインATMによる税問題に注目しており、資金洗浄の対策や潜在リスクを調査している。

CoinPostの注目記事

ビットコインATM、世界で6000台突破 内65%が米国
ビットコインATMの設置台数が世界で6000台を突破した。世界での設置台数は6月から約1000台増え、業界の著しい成長が伺える。 一方、米IRSなどは仮想通貨ATMを通じた税金逃れを警戒。調査に乗り出している。
政府が閣議決定「仮想通貨(暗号資産)による相続税納は不可」
政府は26日、仮想通貨で相続税を納付することは不可能とする答弁書を閣議決定した。「暗号資産は同法に規定する物納に充てることができる財産に該当しないため、物納することはできない」との見解を示している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら