韓国、仮想通貨に明確な定義を定める法案を審議 仮想通貨投資を正当化へ

韓国が仮想通貨の法案を審議

韓国の国会で、仮想通貨に法的ステータスを与える法案の審議が進められている。

仮想通貨をデジタル資産として分類し、韓国の仮想通貨市場に明確で透明な規制をもたらすことを意図したこの法案は26日、国家政策委員会で可決された。法案が実現するためには、この先さらに、司法委員会と国会の本会議での可決が必要である。最終的に法案が承認された場合、2020年から施行される予定となっている。

法案は主にマネーロンダリング防止(AML)と投資家保護を目的としているが、韓国の金融庁(FSC)は、この立法措置により仮想通貨の透明性が高まり、仮想通貨への投資が正当化されると述べている。

同法案によると、すべての仮想通貨関連企業は金融情報分析院(FIU)に登録することが必須となる。厳格な顧客の身元確認(KYC)ルール、AMLも遵守する必要がある。

さらに韓国の仮想通貨企業として承認されるためには、国営の韓国インターネット振興院によって発行される、情報セキュリティ管理システム証明書を取得しなければならない。この証明書は、セキュリティを強化し、政府の規制を遵守することを目的としている。

国際的規制基準にも準拠

また仮想通貨関連企業は、国際的な金融規制機関である金融活動作業部会(FATF)の基準に準拠して、取引監視システムを採用する必要がある。この監視システムを確立できなかった場合、処罰されることになる見込みだという。

韓国では6月に金融活動作業部会が発表した「暗号資産の管理方法を明確化するためのガイダンス」に従って、国内の仮想通貨業界に対する規制の整備を進めている。

今月21日には、国会の議会問題修正小委員会でも、特別金融取引情報法の改正案が通過した。同法案は、国会の本会議での審議を待っている状態だが、実現すれば中小規模の取引所にも公平な運営体制を整えながら、未登録取引所への罰則が強化されることとなる。

関連韓国、未登録取引所は刑事罰対象に

参考:Korea JoongAng Daily

CoinPostの注目記事

韓国上場企業、半導体が不振 仮想通貨マイニング市場との関係性は?
韓国取引所が、金融業を除く国内上場企業579社の19年1~9月期連結決算を発表。半導体メモリー市況が大幅に低迷したことがわかった。密接な関係にある仮想通貨マイニングと市場への影響でも注目だ。
韓国の仮想通貨取引所CEOに実刑判決、420億円相当の投資詐欺容疑
韓国聯合ニュースの報道によると、ソウル中央地方裁判所は4000億ウォンを超える投資詐欺を組織的に行ったとして、仮想通貨取引所コインアップのCEOに懲役16年の判決を言い渡した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら