出来高1位の中国OKEx、仮想通貨XRPやLTC含む新規デリバティブ取引を提供開始

OKExの新デリバティブ取引

中華系大手仮想通貨取引所OKExは複数のデリバティブ取引を新規に取り扱う。アルトコインのUSDT建の先物取引を開始するほか、USDT建ての永久スワップ取引を正式ローンチする。

先物取引では、XRP/USDT、LTC/USDT、BCH/USDT、ETC/USDT、TRX/USDT、BSV/USDTを新規追加。一週間・二週間・四半期の契約で提供する。

シミュレーションモードとして利用者による試運転中にあったUSDT建ての永久スワップ取引も、16日より正式に開始する。対象銘柄は、BTC・ETH・EOSの3銘柄になるという。

OKExは多様なデリバティブを提供している取引所で、出来高もBitMEXに並ぶほどの規模に拡大。CoinGeckoのデータによると、OKExは現在一位、Huobiが二位と中華系取引所が上位に位置している。金利を得やすい仮想通貨へ、注目が集まっていることも要因にあるようだ。

中国の政策、OK・Huobiとの関係

中国政府の最新動向では、仮想通貨取引所・ICO事業に対する取り締まりを強化している一方、OKやHuobiといった大手中華系取引所との関係強化を図っているとの見方もある。

理由は、中国共産党との繋がりを持つOKグループ(OKExの親企業)とHuobiはいわゆる「政府の黙認」を得た状態が確認されていることで、水面下で正当なルートの確保に動いている可能性が指摘される。

中国の事情に詳しいSino Global CapitalのCEO Matthew Graham氏はSNSで、「OKExとHuobiは中国政府からある程度の認可を得ている可能性が高い。一方Binanceやその他の海外取引所は中国政府から遠ざけられている」とコメントした。

OKグループのCEOが先日、中国の海南省にブロックチェーンイノベーションセンター「デジタル資産取引ラボ」を設立し、計150億円を出資すると発表した。これに際し、OKグループは中国名「欧科集团」に改名した。

Huobiも、本社を正式に海南省に移し、テクノロジーセンターを新設。中国政府とのコミュニケーションを促進するためにHuobiに務める共産党社員もいることが報告されている。

CoinPostの注目記事

中国の元ビッグ3仮想通貨取引所運営企業、ブロックチェーン普及で中国に150億円出資へ 
仮想通貨取引所OKCoinを運営するOK Groupは、ブロックチェーン技術の普及のため、中国に1億4000万ドルを出資。海南省の政府と協業し、技術革新や起業をサポートする。
仮想通貨取引所バイナンス、中国北京のdApps企業を買収
最大手仮想通貨取引所バイナンスは、中国北京を本拠地とするdApps関連企業「DappReview」を買収した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら