「仮想通貨の利用率、2030年までに現金越え」ドイツ銀が大変革を予想

ドイツ銀行予測

「2030年にかけて、仮想通貨(Crypto Currency)が世界に取って代わるかもしれない」

ドイツ銀行は新たな研究報告書で、今後大きな変革が訪れると予測を展開した。

「2030年を想像」というタイトルで公開された報告書で、人々がキャッシュレス化と匿名性を追求するために、仮想通貨の利用率はいずれ現金を上回ると指摘。「これまで、仮想通貨は現金の付属品としての存在に留まっているが、規制のハードルを克服できれば、仮想通貨は広範囲に普及する。いずれ現金に取って代わる可能性も秘めている」と説明した。

仮想通貨普及のために必要な要素として指摘されたのは以下の3点だ。

  • 価格を安定させ、政府側に合法と認められる
  • Apple PayやVisaなどのモバイル決済との連携
  • アマゾンやウォルマートなどの小売業との連携

仮想通貨の普及についても、重要な指標となる「ウォレット数」は、インターネットがさらに普及するに連動して拡大すると見ており、2030年の仮想通貨ウォレットのユーザー数は2億規模にまで拡大すると予測した。

来年の2020年の時点では、6000万ユーザーと試算している。

出典:dbresearch.com

参考:ドイツ銀行

CoinPostの注目記事

ビットコイン投資信託、米ミレニアル世代の株所有率でNetflixやディズニー超え
米大手投資ブローカーが新たな投資レポートを公開。ミレニアル世代 の保有資産率で、BTC投資信託「GBTC」が5番目に位置していることがわかった。ディズニー、ネットフリックス、マイクロソフト、アリババなどが後に続く。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用