ゴールドマンサックスが仮想通貨取引事業参入ヘ好意的な姿勢を示す

ゴールドマンサックスのクライアントはビットコインベースの取引サービスを求めている
多くのクライアントが多国籍金融企業のゴールドマンサックスに対し仮想通貨取引産業への参加を要求しています。
ゴールドマンサックスのクライアントのリスク資産に対する堅調さ
1400人以上にも上るゴールドマンサックスのクライアントを対象に、2018年の金融市場における興味の動向についてアンケート調査が行われ、国債利回り、金、ビットコインに対する彼らの見解について調査が及びました。調査によると、多くのクライアントがリスク資産に対して堅調な態度を示していることが窺えます。

ゴールドマンサックスのクライアントはビットコインベースのサービスを求めている

クライアントの多くがゴールドマンサックスに仮想通貨取引産業への参加を要求しています。

一方で、2018年12月17日の収支報告においてゴールドマンサックスの最高財務責任者R. Martin Chavez氏(以下チャベス氏)は、現在の流行で最も興味を惹かれる分野はブロックチェーン技術であると強調しました。

チャベス氏は仮想通貨取引事業の参入ヘ好意的な姿勢を示しており、以下のように言及しています。

私たちは仮想通貨取引事業への乗出しについて、クライアントによる要求に応じたいと考えています。

我々は株式資本に基づいたビシネスであることを念頭に置き、仮想通貨の取り扱いについては最大限の分別と注意を払い、正しい情報、根拠に基づいた運用を行うつもりです。

チャベス氏はまたゴールドマンサックスが独自で仮想通貨取引所を開設する可能性についても言及しましたが、その事業への参入には慎重な態度を示しています。

仮想通貨取引事業へ参入したあかつきには、多くの業務を請け負う必要に迫られるでしょう。

仮想通貨取引による資産管理もその業務の一部であり、非常に高度な業務が求められます。

この新規事業への参入が、仮想通貨業界、またゴールドマンサックスのさらなる成長への好材料となるかについては、現時点で判断できかねます。

いずれにせよ、チャベス氏の言及からもゴールドマンサックスはすでに仮想通貨取引部門の設立に注力しているのはほぼ間違いないでしょう。

Bloombergは、2018年の6月までに同社の仮想通貨取引への体制が整うだろうと報告しています。

ゴールドマンサックスのクライアントのリスク資産に対する堅調さ

ビットコインはボラティリティの高い資産であるため、他の金融資産と比較しても当然リスクが高いです。

しかし、ある調査によるとゴールドマンサックスのクライアントの多くがそのリスクを踏まえてでも仮想通貨に魅力を感じているように思えます。

1400人以上に上るゴールドマンサックスのクライアントが、2018年の金融市場に抱く期待、不安を確かめる簡易アンケート調査に参加しました。

アンケートでは主に国債利回り、金、ビットコインに対する彼らの見解について調査されました。

全体の感想はリスク資産に対して堅調な態度を示し、2018年に資産を投資する意向を示したのは全体のクライアントのうち60%ほどでした。

ニューヨークFX市場ストラト証券部門のチーフのOscar Ostlund氏(以下オストランド氏)によると、ビットコインに関する調査では驚くべき結果が報告されています。

ウォールストリートジャーナルが2017年10月に報告したように、ゴールドマンサックスの代弁者は以下のように述べてます。

「クライアントの仮想通貨への興味の高まりに応じるため、どういった形で仮想通貨への投資事業を運用していくのがベストなのか探求しています」

ビットコインや他の仮想通貨の拡がりによって、機関投資家のクライアントが新たな仮想通貨ベースの金融資産への投資にますます意欲的になっていくことでしょう。

米国金融の雄であるゴールドマンサックスが仮想通貨取引事業を開始することで、ビットコインの相場にどう影響していくでしょうか。 

GOLDMAN SACHS REAFFIRMS INTEREST IN BITCOIN AND OTHER CRYPTOCURRENCIES

Jun 19, 2018 by bitcoinist.com

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加