仮想通貨取引所バイナンス、8つの法定通貨に新規対応

バイナンス、新たに8つの法定通貨

最大手取引所バイナンスのSNS投稿によると、8つの法定通貨をバイナンスの販売所に新たに追加した。

新たに加えた法定通貨は、カナダドル(CAD)、メキシコペソ(MXN)、コロンビアペソ(COP)、アルゼンチンペソ(ARS)、イギリスポンド(GBP)、ユーロ(EUR)、ベトナムドン(VND)、インドネシアルピア(IDR)となる。

11月までの発表では、米ドル(USD)、ロシアルーブル(RUB)、中国人民元(CNY)、インドルピー(INR)、ウクライナフリヴニャ(UAH)、カザフスタンテンゲ(KZT)、トルコリラ(TRY)、ナイジェリアナイラ(NGN)との8つの法定通貨は、販売所の対応リストに入っている。

なお、RUBとNGNは板取引の法定通貨建てとして利用されている。

ユーロを除き、15ヵ国の法定通貨に対応することになっている。

CoinPostの注目記事

仮想通貨取引所バイナンスが日本円を取り扱う可能性も、法定通貨の提携企業がJPYとCADに対応
仮想通貨取引所に法定通貨決済を提供するSimplexは新たに日本円(JPY)とカナダドル(CAD)のサポートを開始した。バイナンスやHuobiといった大手取引所とも提携中。
仮想通貨取引所バイナンス、日本円を含む世界180ヶ国の法定通貨に対応 9ヶ月以内の実現目指す
仮想通貨取引所最大手のバイナンスは、取引サービスに世界中の全法定通貨に対応する計画を公表した。「今後6〜9ヶ月ほどで実現したい」CEOは話した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します