仮想通貨Filecoinがテストネットを開始 2017年の超大型ICOから2年

Filecoinのテストネット

未使用のストレージを公開市場で売買できる分散型ネットワーク「Filecoin(ファイルコイン)」は12日、テストネットの正式ローンチを行なった。巨額ICOから2年強、ネットワーク参加者における試運転、開発者によるアプリケーションの構築などが開始される。

SAFTの販売形式として適格投資家に販売されたFilecoinは、2017年において最大のICOの一つで、総額2.6億ドルの販売を行なった。分散型のファイルシステムとはかなり注目されているプロジェクトであり、今後のプロジェクトの動向には注目度は高い。

テストネットでは、ファイルコインのプロトコルを実装。ストレージ・マイナーやストレージ・クライアントなどネットワーク参加者における試運転、開発者によるアプリケーションの構築などが行われる。

テストネットは9月に発表した予定日通りに開始。スケジュール通りに進めば、メインネットを来年の3月にローンチする予定だ。

参考:ファイルコインテストネット

CoinPostの注目記事

歴代の大型ICO「Filecoin」12月にテスト、来年上半期にメインネットを予定
開始1時間で約200億円を調達した大型ICOプロジェクト「Filecoin」は、テスト・メインネットの最新日程を発表した。本来の実稼働予定を来年の上半期に後ろ倒しに。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【1/11更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら