バイナンスで新規法定通貨に対応、300種類の決済手段が利用可能に

BinanceとPaxful

最大手仮想通貨取引所バイナンスは米P2P仮想通貨取引所Paxfulと提携し、300種類の決済手段が利用可能になった。

Paxfulでは、銀行送金やPayPal、ギフトカードを含む300種類の決済手段を利用者に提供しているため、今回の提携でPaxfulを介してバイナンスの販売所でBTCやXRP、ETHやステーブルコインBUSDを購入することができる。

昨日報じたように、バイナンスはこれら9つの法定通貨に新たに対応している。カナダドル(CAD)、メキシコペソ(MXN)、コロンビアペソ(COP)、ブラジルリアル(BRL)、アルゼンチンペソ(ARS)、イギリスポンド(GBP)、ユーロ(EUR)、ベトナムドン(VND)、インドネシアルピア(IDR)。

インドネシアルピア(IDR)やコロンビアペソ(COP)、カナダドル(CAD)、ユーロ(EUR)、ベトナムドン(VND)等法定通貨は、Paxfulとの提携で実現したことが判明した。

Paxfulのプラットフォームでは167の法定通貨に対応しているが、バイナンスへの導入では上記のリストに含まれている法定通貨から対応を始めるという。「今後より多くの法定通貨へのサポートをバイナンスに提供する可能性がある」と言及した。

ブラジルリアルも

さらにバイナンスの新発表によると、ブラジルリアル(BRL)も対応リストに加えた。

ブラジルリアル(BRL)への対応は、ラテンアメリカにおける最大のデジタルアセット決済ネットワークLatamexとの提携で実現した。なおLatamexとPaxfulは、アルゼンチンペソ(ARS)へのサポートも対応する。

バイナンスの販売所は上記の法定通貨の他、米ドル(USD)、ロシアルーブル(RUB)、中国人民元(CNY)、インドルピー(INR)、ウクライナフリヴニャ(UAH)、カザフスタンテンゲ(KZT)、トルコリラ(TRY)、ナイジェリアナイラ(NGN)との8つの法定通貨にも対応している。

参考:Paxful

参考:バイナンス

CoinPostの注目記事

仮想通貨取引所バイナンス、8つの法定通貨に新規対応
最大手取引所バイナンスは新たに、8つの法定通貨を販売所に追加したことがわかった。法定通貨への対応が加速。
【Vol.1】Binanceはいかにして世界一の取引所となったのか
Q. 世界一の取引所になった理由はなんだと思いますか? A.安定性、取引手数料の低さ、取扱コインの質の高さなどのB...


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用