仮想通貨ステラ、keybase最後の無料配布開始 計1億XLM

最後のスペースドロップ

ステラの開発財団SDFのパートナーであるkeybase(チャットアプリ)は13(金曜日)、最後の無料配布(エアドロップ)を開始していることを伝えた。今回の無料配布は計1億XLMになる。

今回を含め、keybaseはこれまで全てのステラ無料配布で、計3億XLMを配布したことになる。

無料配布を狙った約10万におよぶ「フェイク口座」の資格を剥奪し、28.2万の適格ユーザーに1億のXLMを均等に配布するという。つまり一人あたり、約354XLMが付与される。

参考:keybase発表

CoinPostの注目記事

日本の新規上場仮想通貨ステラ(XLM)、総供給量の約半数をバーン(焼却) 価格が急騰
仮想通貨ステラ(XLM)は5日、総供給量の約50%をトークンバーンすることを発表した。550億トークンを供給数から消滅させる。本ニュースを受け、価格が急騰している。
GMOコイン、仮想通貨NEM(ネム)とXLM(ステラ)を販売所形式で取り扱い開始
仮想通貨取引所GMOコインは4日、仮想通貨NEM(ネム)とXLM(ステラルーメン)を販売所形式で取り扱い開始した。BTC、ETH、BCH、LTC、XRPに続き全6銘柄となる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します