仮想通貨ドージコイン巡りBTC市場に攻防戦か、舞台背景にクジラの影

値動き激しいBTCにクジラの影

12月12日にビットコイン価格は激しい値動きを見せたが、その裏でクジラが関与していた可能性が浮上した。SNSの投稿でわかった。

BitfinexのBTC/USDの1分足で、BTCはボラティリティを見せていた。

出典:tradingview

「Joe007」として知られる大口投資家(クジラ)は5日、ドージコイン(DOGE)の支援者であるSamu氏とSNS上でやり取りを行う中で、賭博に関する約束を決定。

その中身は、「日本時間で2019年12月12日22:00時点でBitfinexのBTCUSDの価格が7100ドルを超えていた場合は、Samu氏がJoe007氏に500万ドージコインを支払う」というもので、逆に7100ドルを下回っていた場合は、Joe007氏がSamu氏に500万ドージコインを支払うという。

結果、Joe007氏がこの賭けに勝ったが、その点についてビットコイントレーダーのHsaka氏は、この動きにクジラが関わっていた可能性を指摘している。「この人は500万ドージコインを勝ち取るために、800ほどのBTCを使って、下落を防いだ」と説明。

約束されたのは5日だったが、12日の約束時に近づき、ビットコインは一時的に2万5000円ほどの値幅をつけていた。

出典:tradingview

その後、Joe007氏は自分以外のクジラによる価格操作を示唆する発言を行ったが、Samu氏は本人による不正操作を疑ったため、ドージコインを振り込まなかった。

この両者間の闘争はSNSで話題となったが、このギャンブルのために大量の資金を動かす投資家はいないだろうとの意見も多くみられている。また上述の800BTCに及ぶ資金移動が確認されているが、それらはJoe007氏によるものではないとする見解も多くある。

先日ブルームバーグが報じた内容によれば、最近に至り1000~100万BTCを保有する投資家、いわゆるクジラが増加傾向にあるとしている。大量の資金がクジラにより動かされた場合、今回の事例のように市場が急激な変化を迎える可能性もあるため、十分に留意したい。

CoinPostの注目記事

米政府独立機関、公式文書でリップル社・仮想通貨XRPに初言及
アメリカ合衆国消費者金融保護局(CFPB)が13日に発表した公式文書で、初めて仮想通貨XRPの文字が記載されていることが分かった。リップル社が国際送金市場に与えた影響に言及した。
VeChain財団がハッキング被害、7億円以上の仮想通貨VETが流出 「脆弱性とは無関係」
VeChain財団は、日本時間の14日にトークン買い戻し用のアドレスをハッキングされたことを声明。約11億分の仮想通貨VETが流出した。 全取引所に資産移動の凍結を依頼、当局に報告するなど、対応に追われている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら