加仮想通貨取引所QuadrigaCXの巨額損失事件で、債権者は元CEOの検死を要請

QuadrigaCX

カナダの法律事務所ミラー・トムソンは警察当局(RCMP)に、閉鎖された仮想取引所QuadrigaCXの元CEO、故Gerald Cotten氏の死亡証明と検死解剖を行うよう要請した。

今回の事件は、ウォレットの秘密鍵とパスワードを管理していた唯一の人物だったCotten氏が2018年12月にインドで急死し、約160億円相当の仮想通貨が引き出せなくなっているものである。

QuadrigaCXは債権者と過去一年に渡って裁判を継続しており、債権者の一部が、Cotten氏は死亡したように見せかけているだけなのではないかと疑っている状況だ。

ミラートムソンの弁護士はRCMPへの手紙で、債権者が抱いている、その死亡説への疑いを考慮すると、Cotten氏の遺体を「発掘する」要請は適切で、同氏が本当に死亡したのかを確認する必要があると強調した。

Cotten氏の未亡人によると、同氏はインドでクローン病の合併症で死亡した。以前、インドの病院が発行した死亡証明書では名前の綴りが誤っており、Cotten氏を診察した医師が後に、実際の死因とその周辺の状況が不明のままであると伝えたことが報じられた。

一方、QuadrigaCX側の弁護士を務めるRichard Niedermayer氏は「この要求を知って心が痛む」と述べた。元CEOがインドで死亡したことはカナダの大手メディアGlobe&Mail社が調査して確認し、確実なことと反論した。

また未亡人のRobertson氏は損害を受けた債権者の資産回復を支援しており、大手コンサルEYの調査にも全面的に協力していると説明した。

一方で、遺体の発掘や検死が資産を補償することにつながるかは不明確だとした。

自発的な和解契約も

10月に元CEOの未亡人は、900万ドルに及ぶ大部分の個人資産を、破産審理中にQuadrigaCXの破産管財人となるEY Canada社に譲渡した。

自発的な和解契約として損害を受けた債権者のために、弁償金に充当するという。

参考:公式声明

CoinPostの注目記事

CEO急死で160億円相当の資産消失の仮想通貨取引所「QuadrigaCX」、事件の新たな展開
唯一の鍵管理者であったCEOの急死により、当時の価格で160億円相当の顧客資産が失われたカナダの取引所「QuadrigaCX」。本記事では、その事件の最新の動向を報告していく。
失われた秘密鍵:カナダ仮想通貨取引所「QuadrigaCX」事件再発をどう防ぐのか|LongHash考察
QuadrigaCXのCEO兼、唯一の鍵管理人 Cotten氏が急死した結果、1億ドルの価値に及ぶ仮想通貨を引き出すことが不可能となった。再発防止に求められることとは?


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら