英最古の仮想通貨取引所、ETHを上場廃止 BTCのみ取り扱う方針に

CoinfloorがETHを上場廃止

イギリス最古の仮想通貨取引所Coinfloorは来年1月3日に、イーサリアム(ETH)の上場を廃止する。ビットコイン(BTC)が現在取り扱うことができる仮想通貨唯一の選択肢と見ており、ETHの取引を終了する予定だ。

Coinfloorは英金融庁に登録している最古の取引所で、現在BTCとETHの2通貨を取り扱っている。取引ペアは、BTC/GBP、BTC/EUR、ETH/EURとの3ペアだ。

発表によると、CEOは「アルトコインはビットコインの実績に及ばない」と証言しており、2020年からはビットコインのみ取り扱う方針で事業を運営していくという。

ETHの上場廃止の実施日は、ビットコインのジェネシスブロックの11周年に行う予定。イーサリアムを廃止する理由として、CEOは来年に予定する複数のETH 2.0大型アップグレードに関する技術対応やPoSの新通貨を取り扱う事が困難になるとしている。

Coinfloorは、GBP建てのビットコイン日間出来高は45万ドルほど。Coinbaseの150万ドルと比較しても出来高基準で中堅に位置する。

参考:coinfloor

CoinPostの注目記事

「イーサリアム2.0」 のローンチ日、仮想通貨ETH5周年記念日を提案=開発者
イーサリアム財団の研究者が「イーサリアム2.0」のローンチ日時について、イーサリアム誕生から5周年となる7月30日が「自然な候補」ではないか新たに提案した。
「需要があれば、イーサリアムにも対応」金融大手フィデリティの仮想通貨子会社
米フィデリティ傘下の「Fidelity Digital Asset」は機関投資家のデマンドおよびイーサリアムに対応する可能性について説明。TheBlockの最新取材より。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用